☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年06月24日

『人間 吉田茂』塩澤実信著 光人社



戦後の日本の宰相として吉田茂の評価は高い。政治家の本を今はほとんど読まないが、好んで読んだ時期があった。古本として再読した本が、本著である。吉田茂は、外務官僚で、戦後総理大臣になった時は、67歳であった。年齢的にも、政党人でもなかった、吉田茂が、宰相になることは、敗戦後という特殊事情があった。公職追放によって、首相候補が次々に資格を失い、吉田茂に白羽の矢が立ったのである。
吉田茂の実父は、高知の政治家であったが、吉田茂は、生まれて間もなくに吉田家の養子になり、養父が実業家で成功し、40台の若さで無くなったため、11歳で、今日で50億円という莫大な遺産を引き継いだ。大磯に旧吉田邸があるが、それも遺産の一つである。その遺産は、一代で使い果たしたというから凄い。
A級戦犯として絞首刑になった広田弘毅も外務官僚であったが、開戦前に首相になったことが、吉田との政治家としての明暗を分けた。ただ、吉田茂は、一貫して親英、親米で多くの政界の要人との人脈も築いていた。三国同盟には終始反対であり、松岡洋介とは考えを異にしていた。開戦後も、終戦工作をする気骨もあった。投獄されたこともあった。こうしてみると、吉田茂が戦後の日本の舵取りを任されたのも納得がいくのである。
著書のタイトルが、人間吉田茂となっているが、なるほどと思わせる、数々のエピソードが紹介されている。二つ三つ拾ってみる。いずれも機智とユーモアが感じられる。一つは、昭和天皇に冬の日「吉田は寒くないかね」と声をかけられ「吉田は懐が暖かいので寒くございません」と答えた。陛下が、分かりかねていると、侍従長の説明で、大笑いされたという。さらに、選挙演説などは嫌いで、得意でもなかったが、これも冬の日に演説していた時の話である。吉田茂は、外套を纏って演説を始めた。聴衆から「マントくらいは脱げ」と声がかかると、「これは街頭(がいとう)演説である」と応じた。最後は、吉田茂は富士山が好きで晩年は、富士の見える大磯で暮らしたが、英国王女夫妻が訪ねてこられた時に「富士山の頂上はいつも雲がかかっていて、姿が見られないのは残念です」と言うと、吉田は、「富士は自分より美しい人に眺められると、はにかんで顔を隠すのです」と応えたという。
  

Posted by okina-ogi at 14:38Comments(0)書評

2017年06月20日

妙義ふるさと美術館



現在、富岡市の市立美術館になっているが、平成の市町村合併の前に建設され開館している。当時は、妙義町であった。妙義山を背景にした高台にあって眺望が良い。近くには、日帰り天然温泉もあり、ちょっとした寛ぎのゾーンになっている。
館内には、妙義山を描いた作品が並んでいる。四季を描いていて見事である。「妙義山を描く絵画展」が企画され、第35回の会を重ねている。地味ながら、こうした行政の文化活動は、評価してよい。維持管理に税金は使われているが、必要経費と考えて良い。
昭和から、平成に移る時、竹下内閣でふるさと創生事業として、全国の市町村に1億円が配られたことがあった。使い道は、市町村が考えることになっていて、使途も問わないことになっていた。榛名町は、町民に事業の案を募集した。私も募集に応じたが、知るか知らずか、妙義町の発想が根底にあった。榛名山を描いてもらい、審査に通った作品を町が所有し、美術館建設は後回しにしても良いから、優秀作品を公立の建物に飾り、小中学校には巡回展示したらどうかという案だった。賛成が2票あったと、町の広報誌にあったが、結果的には公園整備に一億円は使われた。米百俵のように、時間をかけた文化事業に投資するのは、勇気がいるのかも知れない。
  

Posted by okina-ogi at 11:19Comments(0)日常・雑感

2017年06月13日

『増補版 上野三碑を読む』 熊倉浩靖著 雄山閣 1800円(税別)



著者から、新著を贈呈された。増補版とある。それにしても、前著の出版から日が経っていない。内容も深化している。そして、著者のテーマである『上野三碑』は、世界記憶遺産の登録に向けて進展しているようだ。地味なテーマだが、歴史的、文化的側面を考えると、重要なテーマに違いない。
前著にない項目に、碑の書体を取り上げている。文字の内容は、もちろん研究中心に置かれて当然だが、あらためて、三碑の書体を眺めて見ると味わい深いものがある。漢字の普及の黎明期に、地方にあって、これほどの個性的な文字が石に刻まれたことは、驚きである。中国の宋の時代には、「石刻遺訓」が知られているが、石に刻まれた文字は、長く残ることに加え、刻んだ人の気持ちも、人柄も伝えられることを実感した。著者の、碑の研究の時間を越えた探求は続くが、実際に碑を訪ねてみたいと思う。山上碑と金井沢碑は近そうなのでハイキングコースになりそうである。著者の住まいに近いので、時間が許すなら、ガイドしていただきたいものである。
  

Posted by okina-ogi at 11:58Comments(0)書評

2017年06月07日

三方良しの精神



梅雨前線が近づく中、今は梅の収穫の最盛期である。梅の産地としては、和歌山県が知られているが、群馬も梅の産地である。榛名山麓の南面も梅林が広がっている。我が家も、兼業ではあるが梅農家である。青物なので、出荷は、販路がないと大変である。市場に出荷すれば良いのだが、市場までは距離がある。
農協には加入せず、小さな梅組合に加入して、共同出荷している。食品会社が、産地の近くに漬け梅工場建てて久しい。主な出荷場所になっている。他にも漬け梅業者があり、出荷している。ただ、価格もまちまちで、選果した梅の大きさに違いがあり、どこを選ぶか迷うことになるが、基本的には、業者の納品依頼にあわせることになる。そこで痛感するのは、生産者は価格を決められないということである。中には、生産者に過度な要求をする業者もある。依頼条件に合わせて出荷したところ、受け付けない業者もある。泣く泣く生産者は、規格外ということで安く納品することになる。個人であれば、これを限りにお付き合いしなくとも良いが、組合となればそうも行かない。しかし、信頼関係が第一なのは、どこの世界でも基本である。悪徳業者のレッテルは貼っていないが、こうした業者は淘汰されるに違いない。三方良しの精神が大事である。生産者、買い手、消費者の三者にとって。
  

Posted by okina-ogi at 11:11Comments(0)日常・雑感

2017年05月25日

心の壁

アメリカのトランプ大統領が、メキシコからの不法移民を防ぐために、メキシコ国境に壁を造ると発言すると、ローマ法王は
「壁を造ろうとばかり考える人は、それがなんであれ、橋を架けようと考えない人は、キリスト教徒ではない」
と釘をさした。
それに対して
「バチカンは、100パーセント巨大な壁で囲まれているではないか」
とトランプ陣営から反論があった。
数年前、バチカンを観光で見学したが、入場の時のチェックは大変厳しかった。カソリック教徒の総本山であれば、当然とも思った。
トランプ大統領も、万里の長城より長い壁を本当に造ろうと考えているのかは疑問である。お金が準備できない可能性が大である。
ローマ法王とトランプ大統領が会談し、親和的な雰囲気の中でに終了したようだ。
橋を架けると言えば
「我太平洋の橋とならん」
と言った、新渡戸稲造の言葉を思い出す。高邁な精神から出た言葉である。
キリスト教徒であっても、時には必要上物質的な壁を造っても良いが、異教徒には、心を開かないという心の壁は造ってほしくない。教徒でない人から見れば、よく言えばファミリィー的だが、風通しが悪い印象がある。教義は狭義になりやすい。その点、お伊勢さんなどは解放的である。ただ神域はある。京都御所の塀もその程度のものである。
心の壁を造らないためには、知を働かすよりは、情を働かすことだと思うのだが、最近の世界の天気マークを見ると情(晴れ)の国より知(曇りや雨)の国が多くなっているように見える。日本は、本来情の国である。
  

Posted by okina-ogi at 15:45Comments(0)日常・雑感

2017年05月24日

『第二芸術』 桑原武夫著 講談社学術文庫

20代で俳句を創る習慣ができたので、桑原武夫の俳句の「第二芸術論」とは何かに眼を通してみたいと思っていた。リタイヤしたら比重をかけて俳句に取り組んでみようかと思い、この書を読むことになった。
桑原武夫といえば、文化勲章を受章するほど名高い文化人であり、大学者であった人物である。終戦の翌年、『世界』の11月号に発表している。それほど長い論文(?)ではない。多くの俳人が、反論を試みなかったというが、それが正解だったかもしれない。「毀誉は、他人の主張」それほど目くじらを立てる内容でもない。桑原武夫大先生は、デュ―イのプラグマティズムが肌に合うようだ。それに俳句はお好きではないというより関心が薄いようである。心の世界は深く、短い俳句にその世界を表現することができるということを想像しにくいと考えて居られるようだ。
  

Posted by okina-ogi at 17:14Comments(0)書評

2017年05月23日

群馬テレビ見学




群馬テレビに勤務する友人の紹介で、前橋市にある群馬テレビを見学した。群馬県を対象地域にした、テレビ放送事業を行っており、設立されたのは昭和45年である。出資者は、群馬県、前橋市や、群馬県内の民間企業である。設立当時の建物なのでエレベーターはない。屋上には電波塔が立っていて、榛名山にある送信所と送受信をしている。普段は、関係者以外立ち入り禁止の場所のようだ。アンテナは、確かに榛名山に向けられている。
予約の午前10時前に玄関から入ろうとすると、ドアがロックされている。入り口脇にある内線電話で来訪を告げると、職員がドアを開けてくれた。このあたりが、テレビ局の特殊性だと思った。不特定多数の人間が簡単に出入りできるようにはなっていない。
応接間に通され、友人から資料を貰い、説明を聞いてから、建物内を見学させてもらった。放送機器がいっぱいあって、実際には見たことがないが、原子力発電所の制御室のようである。ニュース番組の収録をしていない時間帯であったので、スタッフの人に撮影を案内してもらった。照明器具、カメラが備えられている。キャスターの席に座らせてもらい、出演気分にしたって記念写真を取らせてもらった。
見学の感想を求められたが、「勉強になりました」という平凡な感想しか言えなかったが、これからは、地元のテレビ局の番組を見てみようかという気になった。敷島公園のバラ園が近いので、薔薇を鑑賞して帰宅についたのだが、三十度を超える暑さに、「花よりカキ氷」となってしまった。家で群馬テレビを見ると、ニュース番組があり、バックは、今日座った場所であり、バラ園も取材されていた。
  

Posted by okina-ogi at 17:19Comments(0)日常・雑感

2017年05月19日

『山本健吉俳句読本』角川文化振興財団編 角川書店

第一巻 俳句とは何かを久しぶりに読んだ。全五巻あるが、蔵書はこの一巻だけである。山本健吉は、著名な文芸評論家であり、近代の俳句の評論の第一人者といっても良い。文芸評論家といえば、小林秀雄もいる。巷の読書好きでは、内容が難しく、読み進めるのに苦労する点では共通している。
山本健吉の本は、我が家に何冊かあるが、そのきっかけを作ったのは、数学者の岡潔の愛読書だったからだということである。正確に言えば、岡潔のご息女の本棚に、大事に保管されていたからである。本は、芭蕉に関する評論だったと思うが、書名は思い出せない。
山本健吉の本を通じて、芭蕉の世界を岡潔は調べたという方が正しいかもしれない。山本健吉は、自分では俳句を作らないが、俳句の鑑賞には、力量がある。
 戦後、桑原武夫の『第二芸術―現代俳句について―』によって、俳句は、その存在基盤を脅かされたことがあった。俳句が、文芸でもなく、ただの趣味、道楽であれば、日本文化の一つの分野を失うことになる。「俳句とは何か」を語り、その窮状を救った評論とも言える。蛇足だが、山本健吉、小林秀雄、岡潔は、共に文化勲章を受章している。
  

Posted by okina-ogi at 12:02Comments(0)書評

2017年05月17日

とろろ汁



高級なのか質素な食べ物なのか、さてや健康食なのか。有料老人ホームの食堂で昼食を食べているので、ときたまとろろ汁が出る。麦飯ご飯に山芋を擦って出汁で溶いたものをかけるのだから「麦とろご飯」という言い方が正しいのかもしれない。
静岡に友人がいて、美味しい「麦とろご飯」の食べられる店に連れていってもらったことがある。丁子屋という店で、江戸時代から続く老舗だという。良く調べてみると、広重の東海道53次の浮世絵に描かれている。安倍川を越えて山間にある小さな店である。鞠子宿の中にあった。
梅若菜まりこの宿のとろろ汁


芭蕉の句である。昨日、たまたま山本健吉の俳句読本を読んでいたら、この句に出会ったのである。有名な句なのであろうが、芭蕉を良く調
べているわけではないので、初めて知った句と言って良い。良い句だなと思う。弟子に宛てた、挨拶句と説明にはある。梅と若菜の季語を重ねてよろしくないなどとは思わない。秋に掘りあげた山芋は、この時期でも十分保存が聞く。美味しいかもしれないと思う。
  

Posted by okina-ogi at 10:11Comments(0)日常・雑感

2017年05月11日

『勝負師の妻』 藤原モト著 角川書店

勝負師とは、囲碁棋士の藤沢秀行のことである。妻から見た、藤沢秀行の生き様は凄まじい。半世紀、夫婦であり続けたことが奇跡である。アルコール中毒、暴言、出奔、ギャンブルによる借金。それに加えて複数の愛人に子供を生ませている。夫婦間の落ち度は、一方的に藤沢秀行にある。
人間には忍耐と寛容があっても自ずから限界がある。藤沢夫妻が結婚したのは、戦後間もない頃だが、一般常識では、確実に離婚である。男の子3人に恵まれたが、子がカスガイになっていない。藤沢秀行は、晩年になって勲三等を叙勲しているが、本人ももらいたと思っていなかったのだから、妻が栄誉にあづかるべきだったかもしれない。
藤沢秀行の妻が、最後まで夫を見限らなかったのは、囲碁を愛し、若手棋士の育成、囲碁界の発展に無欲な情熱を傾ける姿だったと思う。
  

Posted by okina-ogi at 16:44Comments(0)書評

2017年05月06日

『やってみなはれ みとくんなはれ』開高健 山口瞳共著 新潮文庫



開高健は、芥川賞作家、山口瞳は、直木賞作家である。この二人が、サントリーの宣伝部に籍を置いた時期があった。もともと、サントリーは、社名を寿屋といった時代から、広告には力を入れていた。
この二人が、創業者である鳥井信次郎を熱く語っている。二代目の社長佐治敬三もやり手経営者で、二人の作家の宣伝部での活動と重なっている。父親が成し遂げられなかった、ビールの開発、販売に成功している。
何といっても、日本にウイスキーが普及していく歴史を知ることができる。鳥井信次郎の執念も伝わってくるが、運もあった。大坂商人としての才覚もあったが、本のタイトルになっている「やってみなはれ」というチャレンジ精神がサントリーの今日を築いてきたと言える。最近は、ウイスキーが我が家の晩酌に加わることになった。先日友人が泊まっていったので大いにウイスキーを堪能した。
  

Posted by okina-ogi at 10:22Comments(0)書評

2017年05月03日

『碁打秀行』  藤原秀行著 日本経済新聞社 1500円(税込み)



1993年発行である。日本経済新聞に連載された、私の履歴書をもとにしている。学生時代からの友人で静岡大学教授のS君が定年で退官するのを記念して、関東学院の教授であるSさんが将棋の大会を企画した。Sさんの友人に将棋のアマチュア強豪がいるというので対局することになったのである。会場は、Sさんの研究室。そこにあったのがこの本。Sさんは、大の将棋愛好家であるが、なぜか囲碁の棋士の本があった。遠方からわざわざ訪ねてくれたとこの本を頂戴した。
『野垂れ死に』という藤原秀行の本を読んでいるので、彼の生き様は知っている。あらためて読んで見ると、破天荒な人生である。生まれた時から驚きである。父親は69歳、母親23歳の時の子供である。父親は、江戸時代の生まれである。
飲む、打つ、買うという無頼な人生過ごしたが、彼を慕う人は多かった。傍からは不健全な生き方に見えるが、憎めないのである。囲碁に対しては真摯であり、囲碁を終生愛した。普通、50歳を過ぎれば、タイトルなどは獲れないものだが、秀行(シュウコウ)先生は、棋聖位6連覇の偉業を為した。アルコール中毒を克服しての勝利でもある。晩年は、ガンとも闘った。書の古典を開き、多才な面を見せた。著のタイトルも彼の文字になっている。奥様が書いた本もある。勝負師の妻は、どんなことを書いているのだろう。
  

Posted by okina-ogi at 16:44Comments(0)書評

2017年04月28日

『美酒一代』 杉森久英 毎日新聞社



昭和41年が初版である。写真は、新潮文庫から出版されたものである。サントリーの創始者鳥井信次郎伝である。現在、日本経済新聞に「琥珀の夢」が連載されている。執筆しているのは伊集院静である。鳥井信次郎の生涯を小説化している。
NHKの朝ドラで、竹鶴政孝を主人公にした番組「マッサン」で日本でのウイスキーの歴史に関心を持った。余市まで工場見学に行った。このドラマにも、鳥井信次郎が登場する。サントリーの山崎工場で実際にウイスキーを製造したのは、竹鶴政孝であったが、経営者は、鳥井信次郎である。学生時代、京都にいたので工場を見学したことがある。
ウイスキーは、本場スコットランド以外で製造するのは、至難とされた。事業としても経営が困難と考えられていた。彼の周囲の実業家や、会社の経営者からの反対もあったが、苦難を経てやり遂げることになる。夢を現実にしたのも凄いが、金儲けだけの実業家だけではなく、社会貢献もしている。サントリーは今日でも一流企業である。同族会社であるが、一族以外から社長が生まれ、世間からも注目されている。
  

Posted by okina-ogi at 11:51Comments(0)書評

2017年04月26日

『ルポ税金地獄』 朝日新聞経済部 文春新書 780円(税別)



フェイスブックの友人から紹介された本。ほとんど、日常税金のことは、無意識に過ごしているが、世の中、税金を無視しては生きられない。過度な関心は、我が人生観ではないが、基本的なことは知っておこうと思って読んでみた。
本を読み進めていくと、新潟県湯沢町のリゾート開発に触れている。テーマになっているのは固定資産税である。市区町村に入る税金で湯沢町の税収になる。馬鹿にならない金額である。マンションの所有者が払うが、定住している人は少ない。税金を滞納している人も多く、問題になっている。今年退官したが、財政学が専門だった友人の名前が出ていたのには驚いた。先年、リゾートマンションに一緒に泊まったことがあった。
30年ぶりに家を新築し、固定資産税と向き合った。市役所に行って、固定資産台帳の写しももらった。4月は、無料で見られる。良く見れば、課税の内容もわかる。土地の評価額は、将来の相続税の元になる。こちらは、国税になる。意識すれば意識するほど、生活のあらゆるところに税金が掛けられている。この本とは別に、税の基本的な仕組みを学ぶために、ファイナンシャルプランナーの通信講座を学んでいる。「タックスプランニング」という科目がある。
  

Posted by okina-ogi at 12:35Comments(0)書評

2017年04月19日

青春詩

息子夫婦に母屋を明け渡し、書斎を整理していたら、大学を卒業した頃に作った詩の一部が出てきた。短編小説や詩を学生時代に書いた記憶があるが、全て捨ててしまったので、残っているとは思っていなかった。筆で清書してあった。気に入っていたのだろうと思うが稚拙な青春詩である。タイトルは、『霧中の離婁』となっている。離婁とは、中国の伝説上の人物で、百歩離れたところから髪の毛先が見えたという程、視力がすぐれていた。ところが霧の中では見えない。霧は恋であり、離婁は自分である。タイトルからして生意気なのである。
霧中の離婁
君と僕とは硝子の向かい合わせ
君の沈黙の微動は
僕の神経の戦慄
君の優しげな微笑は
僕の驚愕

君と僕とは海と岸辺の人
澱み一つない滄海
細波すらない
神聖なその表面は
金剛石の輝き
眼下の光景は僕の憂鬱

君と僕とは小鳥と山上の人
碧落を染まず舞い飛ぶ清い白
紫外線と高地の冷気を
上下に浴びた空間の焦点
頭上の囀りは
僕の永遠の夢世界

君と僕とは織姫と牽牛
夜空を渡る無数個の粒
その岸に突出してきらめく
高貴な印象
七夕の天空は
僕の薔薇の思い出

美しきものは
皮肉な逃亡者
愛らしきものは
混沌の創出者
感受性の強い柳は
君の些細な動きにも動揺する
  

Posted by okina-ogi at 13:01Comments(0)日常・雑感

2017年04月18日

『風蘭』 岡潔著 角川ソフィア文庫 821円



岡潔のエッセイが最初に出たのは『春宵十話』であった。自ら執筆したと言うのではなく、口述筆記によるものであった。次に出版された『風蘭』も口述筆記による。昭和52年2月に、友人に誘われて、奈良の自宅の一室でお会いし、話を聞く機会があった。強烈な印象として残り、岡潔の書籍を求めたが、当時ほとんどの書が絶版になっていて購入することができなかった。古本屋の店頭を探したが見当たらなかった。
出版から50年近くなって、復刻版が出るようになった。『風蘭』もそうである。日本の将来への心配、とりわけ教育の問題が語られている。良い子を育てるにはどうしたらよいか、自分の孫の生い立ちを調べながら、大自然の働き{造化}があることを確信していく。今回の春雨忌で、この本に登場する洋一さんに初めてお会いした。明るいお人柄で良いご家族を築いている。禅僧と母親の話、飼い猫ミルとの別れの話は、心に残る。
  

Posted by okina-ogi at 11:16Comments(0)書評

2017年04月08日

「本居宣長記念館」



三重県松阪城址の一角に、本居宣長記念館がある。本居宣長が住んだ家も移築されて当時の姿を残している。江戸時代の国学者として知られているが、彼の業績と言えば『古事記伝』を後世に残したことである。この時代まで、古事記の内容は理解されていなかったと言って良かった。彼には師がいた。賀茂真淵である。伊勢を訪れた賀茂真淵が、松阪に立ち寄った時、対面し教えを請い、弟子となる許しを得たのである。有名な「松阪の一夜」である。古事記の研究は、宣長へとバトンタッチされたのだが、真淵の宣長への教えは厳しかった。資料館にも、その手紙が残っている。
本居宣長は、商人の子供である。江戸で生まれている。松阪城を築いたのは、蒲生氏郷であるが、滋賀の日野から商人を大勢連れてきて城下に住まわせた。三井財閥の始祖、三井高利は、宣長の家のすぐ近くに生まれているし、木綿の取引で財を成した、長谷川家の屋敷は、今も商人の館として保全され公開されている。長谷川家も宣長の屋敷に近い。「東京物語」、「晩春」などの映画作品で知られている小津安二郎監督も、東京の墨田区に生まれているが、ルーツは松阪であり、しかも宣長とも繋がりがある。
「本居宣長記念館」来館は二度目であるが、彼の人生の過ごし方は、尊敬に値する。医学を学び、生活の糧を得ながら、国学の研究に打ち込み、『古事記伝』の完成には、30年以上費やしている。古事記の内容は難しく、当時としては資料も少なかった。その持続力と集中力には、頭が下がる。
資料館に展示されている数々の資料を見ると、非常に几帳面な性格だったことがうかがえる。文字などは楷書で丁寧に書かれている、若いときから向学心があることは、中国皇帝の系図「神器伝授図」の書き写し(15歳)、日本地図の写し「大日本天下四海画図」(17歳)を見てわかる。
還暦を過ぎて、特に人生のテーマもないが、本居宣長にならって向学心を書きたててみるのも良い。人のためにならなくても、老いの生きがいになれば良い。
  

Posted by okina-ogi at 12:29Comments(0)日常・雑感

2017年04月04日

春めくや人様々の伊勢参り(2017年4月)

 四月一日(土)、新年度最初の日の伊勢参りは、心改めるにはふさわしい日に感じられる。東日本大震災の年から、三度目の参拝になるが、六十二回の遷宮は、昨年既に済み、新しい神殿に神様は、お移りになっている。この日は、春雨が参道の砂利を濡らしていた。生涯五度目の伊勢参りになった。何ゆえに、この地に歩を進めるかと問われれば、西行法師が詠んだ和歌の心境というしかない。
 何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる
どうしても、人は自分が大切になってくる。思い通りにならないと悩み、他人を憎んだりする。その果てには、生きがいも失うことになる。大いなるものに生かされているという自覚は生まれてこない。伊勢神宮の神域に、大御心を求め、とりわけ内宮に参拝することは、説明はつかないが、日本人として大事な行為だと思っている。天皇崇拝ということではない。
 日本人としての自覚を呼び覚ましてくれた人物がいる。故人となって久しい。数学者岡潔である。春雨忌という故人とゆかりのあった人たちが集う会に今年も参加することになった。同行したのは、以前から尊敬する彫刻家の大先生である。春雨忌に参加するメンバーは、春雨村塾の塾生でもある。この方は、塾頭と言ってもよい。同じ群馬在住なので、高崎駅で待ち合わせ、奈良までの往路をご一緒した。渥美半島の伊良湖崎のホテルに一泊し、翌朝、フェリーで鳥羽まで渡り、伊勢神宮に寄り、松坂の本居宣長の記念館を訪問するコースを提案したら、喜んでご一緒しましょうということになった。
 渥美半島は未踏の地であった。豊橋から伊良湖崎に行くには大変な距離があるが、駅にホテルのバスが迎えに来る。無料サービスになっている。駅前で食事をして、バスに乗り込んだが、すっかり雨になり、窓はくもって景色は見られない。海岸線や、常春の半島と言われる春の風情を感じてみたかったが、雨は容赦なく降り続いている。途中、保美という地名があり、ここに芭蕉門下の俳人が住んでいた。というよりは、幽閉された流刑の地であった。
 

 芭蕉の紀行文に『笈の小文』がある。芭蕉の死後、世に出されたものだが、旅に伴ったのが杜国である。杜国は、富豪な商人であったが米の先物買いが発覚し、死罪は免れたが、財産を没収された。渥美半島の保美の里で、罪人として静かに過ごす身分であった。芭蕉は、杜国の才能を高く買っていたが、今風な言葉で言えば、イケメンであったらしい。年も若い。
 伊良湖崎にも連れ立った。杜国が、遠路わざわざ訪ねて来た師を労ったのだろう。
鷹一つ見付けてうれしいらご崎
という句を残している。鷹は、杜国なんだと言いたいところなのだろう。それにしても素直な感情を吐露した句である。句の中に「うれし」などという言葉は、俳聖と称される芭蕉には、不具合な感じがする。
 『笈の小文』の中には好きな句が多い。
草臥て宿借る比や藤の花
雲雀より空にやすらふ峠かな
ほろほろと山吹散るか滝の音
若葉して御目の雫拭はばや
蛸壺やはかなき夢を夏の月
故郷、伊賀上野、奈良、吉野そして明石まで足を伸ばしている。六カ月の長旅である。路銀はどうしたのだろう。もしかして、杜国に隠し財産があって工面したのかも知れない。
宿泊した伊良湖ビューホテルは、高台にあって眼下に浜辺が見える。恋路ヶ浜と名づけられている。柳田国男が若き日この地を訪ね、岸に打ち上げられた椰子の実を発見した。そのことを、島崎藤村に話すと、それをヒントに想像を豊かにして名作「椰子の実」の詩が生まれた。大中寅二によって曲がつけられ、今日まで多くの人に歌い継がれている。昼から降り出した雨は、降り続いている。海は煙っているが、沖には島が見える。三島由紀夫の小説の舞台になった神島である。岬と島の間を、大きな船が何隻も通過していく。岬の森には霧が立っている。彫刻の大先生の美意識には感心した。そうした風景を美しく深く観察して語ってくれる。藤村の程の詩才があれば、それをヒントに新たな名作が生まれるのだが及ぶべきもない。
 名も知らぬ遠き島より
 流れよる椰子の実ひとつ
 故郷の岸を離れて
汝れはそも波に幾年月
杜国は、船で漕ぎ出し伊勢で芭蕉に再会し、旅を共にする。我々は、芭蕉と杜国の関係ではないが、早朝この海を渡る。一時間とかからない。

  

Posted by okina-ogi at 17:56Comments(0)旅行記

2017年03月27日

東京の桜(2017年3月)

 東京の開花宣言は、いつもの年より早かった。靖国神社の桜の開花模様が基準になるらしい。ところが、それから気温は上がらず、開花は順調に進んでいない。三月二十六日(日)に、ハイキング同好会のメンバーと東京花見散策を決行したが、あいにくの雨で、気温も低い。同行者の提案で、駒込駅に近い、六義園の枝垂れ桜を見てみようということになった。
六義園は、柳沢吉保が造園したことで知られる、日本の代表的な大名庭園である。明治になって、三菱財閥の創始者岩崎弥太郎が購入して使用したこともあったが、寄付されて、現在では東京都が管理している。大震災や空襲の被害もほとんど受けず、名庭園の景観が維持されている。広島市の縮景園が爆心地に近かかったために、名木が焼失したのとは、対照的である。肝心の枝垂れ桜は、咲き初めという感じで、花見客も少ない。ただ、氷雨に濡れている庭園を見るのも味わいがある。都会の中に広大な、しかも閑静な緑の空間が残されているのも素晴らしい。
お目当ての隅田川の桜も期待できないと思いつつ、両国駅に向かう。昨年開館した、すみだ北斎美術館もコースに入っている。六義園を散策したので、駅についた頃には昼時になっている。ガード下にあるちゃんこ料理の店に入る。グループなのでちゃんこ鍋を注文する。両国は大相撲のメッカであるが、力士の多くは大阪に出張中である。久しぶりのちゃんこ鍋は、実に美味しかった。この日が寒い日であったことも良かった。


葛飾北斎は、墨田区ゆかりの人物である。当時としては、長寿で九十歳まで画業を続け、その力量は衰えなかったと言われている。長野県の小布施にも北斎の痕跡を見ることが出来る。有名なのは、岩松寺の天井画である。高井鴻山という高弟もいた。モネなどの印象派の画家にも影響を与えたし、ゴッホはとりわけ北斎を賞賛している。北斎の誕生地に近い公園の一角に美術館はオープンしたが、外観もモダンで近代的な建築になっている。会館から半年も過ぎたが入場者は多い。外国人の入館者もいた。
北斎の作品は、海外に多く流失している。若冲のコレクターで知られている、ジョー・プライスのように個人で北斎の作品を収集した外国人がいた。ピーター・モースという人で、故人になっているが、遺族からその作品は墨田区に譲渡され、美術館の核となっている。芸術は、文化の違いが障害とはならず国境を越えていく。作品の芸術的高さは、万国民に共感と感動を与える。
北斎の代表作は、「富嶽三十六景」である。七十歳過ぎてからの作品だというから驚きである。とりわけ、「神奈川沖浪裏」は、有名で海外でも良く知られている。誇張されているが躍動感がある。「凱風快晴」は、赤富士である。決して写実的ではないが、一度見れば、心に焼き付けられて忘れない作品である。子供の頃、記念切手を夢中になって集めたことがある。趣味週間切手で浮世絵が発売されたことがある。その中にあった「東海道程ヶ谷」はシートで購入して半世紀以上も所有している。「富嶽三十六景」の中には、隅田川からの風景もある。
現代、隅田川沿いには高層ビルも立ち並び、富士山も隠れてしまうほどである。近年スカイツリーが、隅田川の近くに建ち、東京の街を鳥瞰することができるようになった。見通しが良ければ、富士山を遮る物は無い。北斎が、今日生きていれば、新しい富嶽百景が加わるに違いない。スカイツリーに昇らずとも、創造力で描く素質は、北斎にはある。「東海道名所一覧」という作品がそれである。右下には、日本橋が描かれ、右上には、京都の二条大橋が描かれている。左上には富士山が大きく聳えている。
美術館の一角に、蝋人形の北斎が絵を描いているコーナーがあった。北斎の弟子の露木為一が、描いた「北斎仮宅之図」を基にして設営したのだが、畳の上に和紙を置き、墨で描いている北斎は、ユーモラスにも見える。冬なのか、炬燵布団を肩にかけている。何度も書きなおしたと見えて、紙が乱雑に部屋の隅に丸められている。近くに娘が覗き込んでいる。娘も絵を習っていて、声は出さないが、なにやら注文をつけているような感じがある。手には煙管を持っている。北斎には、先妻と後妻があり、娘は北斎を看取っている。彼が残した最後の言葉は、「天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」だというから、死の直前まで画業の高みを目指していたのである。一説には、北斎の祖父は、赤穂浪士の討ち入りの時、吉良家の家老で討ち死にした小林平八郎であるといわれているが定かではない。


すみだ北斎美術館を出て、徒歩で墨田公園を目指す。このあたりが花の名所になる。ビルの間に、スカイツリーが見えるはずだが、近距離なのに霧で見えなくなることもある。相変わらず春雨は、小止みなく降り続いている。桜は、諦め桜餅の老舗に行くことにした。美術館からは一里はある。長命寺桜餅といって、創業三百年だというから、北斎の時代にもあったことになる。休憩場所としてお茶と一緒にいただこうと思ったが、入り口にそのサービスはできないという張り紙がある。ようやくたどり着いたのに。思い直し土産にして、一個は、外で腰掛けて食べた。岸の桜は咲いていない
  

Posted by okina-ogi at 16:36Comments(0)旅行記

2017年03月21日

「私の履歴書」



日本経済新聞を購読してから長いが、「私の履歴書」欄は、一面より先に読むことにしている。月に一人の人物が紹介される。3月は、美術収集家のジョー・プライスである。1月がカルロス・ゴーンだったので、今年になって二人目の外国人の登場である。近年になって、江戸期の画家、若冲の展示会が好評を博している。若冲ブームを引き起こしたのは、プライスの収集が大いに貢献している。
外国の人が、日本の、しかも江戸時代の日本画の虜になるのも驚きだが、記事を読むうちに納得がいった。プライスは、自然に対する関心が若いときから強かった。しかも、帝国ホテルの設計者として知られる、ライトとの出会いもあった。
美術品を収集するには、財力も必要である。彼の父は、パイプラインを建設する会社で財を成したことが大きい。兄とともにその会社で働き、美術品の購入できる資金は、遺産だけではなかった。彼は、美術品だけではなく、伴侶も日本から手に入れている。当然親日家である。親日家というよりは、高齢になって日本に国籍を移した日本文学の研究者、ドナルド・キーンは「私の履歴書」に紹介されていない。文化勲章受章者でもある。94歳の高齢でもあることだから、早く登場させてもらいたいと思う。
  

Posted by okina-ogi at 16:58Comments(0)書評