☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年03月21日

岡潔シンポジウム

 3月21日(木)の毎日新聞に、数学者岡潔のシンポジウムが1ページにわたって掲載されている。
主催は、和歌山県と明治大学、後援は、橋本市と毎日新聞となっている。
最初に岡の著書『春宵十話』は毎日新聞だった。記者の聞き取りによる出版だという。文化勲章受章者ということもあるが、当時の人々の心を刺激した。日本人の心である。
情緒という言葉で表現しているが、基調講演をした『国家の品格』の著者で、理学者で、お茶ノ水女子大学名誉教授の藤原正彦氏が語っている。
明治大学が主催者になっているのが不思議であったが、中沢新一の名前を見てなるほどと思った。岡潔は、晩年、奈良r女子大学に奉職したこともあり、奈良女子大学岡数学研究所所長の松澤淳一氏がコーディネーターになっている。その松澤氏の言葉で、岡の数学の凄さは「無いものを見つけたこと」だと言っている。また、明治大学理学部教授砂田利一氏は、岡の論文の数は少ないが、影響は巨大で、しかも誰とも競争したわけでもなく功利的でなく、金銭とも無縁だったと述べている。
岡は、「菫は菫のように咲く」と言っていたように稀に見る無欲な人だった。絵本作家、佐藤律子氏は、子どもたちにも岡潔の人がわかるように『岡潔博士ってだぁーれ』という絵本を出版した。とても良い本で町の図書館に蔵書として置かしてもらった。橋本市では、市の偉人として顕彰する運動が起こっている。今回の主催が和歌山県だから紀の国の偉人でも不思議ではない。シンポジウムのタイトルは、「紀の国の偉人ー世界が認めた孤高の天才数学者」となっている。
  

Posted by okina-ogi at 09:48Comments(0)日常・雑感

2019年03月15日

俳句自選(永き日)

春になると日が暮れるのが遅くなる。日照時間が長くなり梅(春告草)やさまざまな花が咲きだす。そうした日、望郷の念が湧いてくる。遠くに見える峰のまたはるか先に故郷がある。阿倍仲麻呂の三笠山の月のように。
     永き日を彼方の峰に想い寄す
  

Posted by okina-ogi at 16:56Comments(0)日常・雑感

2019年03月12日

俳句自選(月の街)

安中市から富岡市方面に行く道は、なだらかな丘陵地で、今どきには珍しい桑畑もある。遠くに高崎市の一部が見える。その上に月がかかっている。「月の街」という言葉が浮かんだ。
        なだらかな丘陵彼方月の街
  

Posted by okina-ogi at 15:30Comments(0)日常・雑感

2019年03月10日

俳句自選(彫刻の春)

彫刻家で長く親しくさせていただいている方がいて、群馬県内に数多く彫刻の作品がある。実際には彫塑といい、粘土で形を作り、ブロンズ像になるのだという。前橋駅前の欅道路に女性の像がある。
     たおやかな塑像の肌に春の風
  

Posted by okina-ogi at 08:48Comments(0)日常・雑感

2019年03月07日

俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘)

 福岡市内に、幕末勤皇歌人として、勤皇の志士と交流のあった、野村望東尼の山荘が残っている。高杉晋作も匿われたことがあった。そして、彼の臨終の時立ち会っている。高杉が「面白くなき世を面白く・・・・」というと彼女が」栖みなすものは心なりけり」と歌を繋ぎ、彼はうなずいたという話が残っている。
       紅梅の慈母にも似たる色をもつ
       庵栖む尼にせめての椿かな
  

Posted by okina-ogi at 09:05Comments(0)日常・雑感

2019年03月04日

俳句自選(冬の川)

冬の川は、水が減ってかれがれとして、寒々と流れている。たぶん、烏川の冬の風景を詠んだのだと思うが、村上鬼城の句で
    冬川を追いあげてきぬ家鴨飼
というのがある。ちょっとしたみずたまりがあるのだろう。上流の烏川になると、石の間を水が流れている。大小さまざまな石は丸く、上流から運ばれて来たのだろう。
    冬の川あまたの石のしろさかな
  

Posted by okina-ogi at 17:11Comments(0)日常・雑感

2019年03月02日

俳句自選(流星)

  流星は、どの季節でも見られると思うが、秋の季語になっている。獅子座流星群はどの季節だったのだろうか。次の句は、当たり前すぎて公表するのに気が引けるが、素直な、幼児の驚きとして許してもらいたい。
        流れ星不動の星の多きこと
  流れ星の一つだが、ハレー彗星は別格である。何億光年前の光ではないが、やはりわずかでも今の瞬間の光ではない。ちょうど梅の咲いている時期で、その香りがした。梅の匂いはどこか懐かしさがある。過去世というのも大げさだが。
        梅の香や過去世の光箒星
  

Posted by okina-ogi at 08:49Comments(0)日常・雑感

2019年02月28日

俳句自選(星月夜)

ゴッホの絵に『星月夜』という作品がある。糸杉があって、うねるように星と夜空が描かれている。普通の人の感覚ではわからない絵である。それはともかく、星月夜は美しい。20代だと思うが、。今はないが青函連絡船で津軽海峡を渡ったことがあった。艦橋に出ると星月夜である。港に近づいてきたのか、灯台が見えてくる。まるで、一瞬だが星に見えた
       灯台の灯も星となる星月夜
  

Posted by okina-ogi at 14:17Comments(0)日常・雑感

2019年02月26日

俳句自選(榛名湖夢二の碑)

 

  夢二の碑は、全国各地にあるようだが,榛名湖畔にもあって夢二ファンが訪れる。竹久夢二は、岡山県の人だが晩年は榛名湖畔に居を構えようとするほど、この地を愛していた。近年アトリエが建てられた。
  小生の俳句の師は、秋池百峰という人で俳句誌「さいかち」に所属していた。創刊したのは、前橋にある寺の僧侶でもあった松野自得という人で夢二と親交があった。俳人でもあり画家だったところに夢二との縁ができたのかもしれない。次の句は、珍しく師にお褒めの言葉を頂いた。
      夢二の碑に氷湖がきしむ音寄せて
  なお、夢二の碑には「さだめなく鳥やゆくらむ青山の青のさびしさかぎりなければ」という歌が刻まれている。
  

Posted by okina-ogi at 17:39Comments(0)日常・雑感

2019年02月25日

俳句自選(子供)

我が子を詠んだ俳句で知られているのは、中村草田男の
        万緑の中や吾子の歯生え初むる
が思い浮かぶ、季語は、万緑だが、この作品が世に出るまで季語として認められていなかった。
        芋の露妻は子供を産みに行く
長男、長女とも秋に授かった。今は、成長に悪いということから見かけることがなくなったが、歩き始めに歩行器使った。長男の句だが
        啓蟄や居を歩行器に構えたり
長女は
        恥じらいをカメラに向けて七五三 
俳句はアルバムに似ている。長男の写真は第一子いうこともあり多いが、長女の写真は少ない。せめて、俳句を多く作って上げればと後悔している。
  

Posted by okina-ogi at 14:57Comments(0)日常・雑感

2019年02月24日

俳句自選(結婚)

 結婚の祝いとして贈られる句ということなら、ごく自然である。作家吉川英治は、結婚祝いにと、次の句を披露した。
      菊作り菊見るときは影の人
新郎新婦のご両親を讃え、結婚式という花舞台では、影の人になっている。教訓的ではなく、その句だけで、新郎新婦は両親に対する感謝を感じる。佳い句だと思う。
  個人的には、結婚式に参列してくれた人達に感謝を込めて俳句を記念品代わりにした。お寿司の飯台に塗装をし、金色の文字で自作の句を書いて贈った。
     隣人愛二身に享け初日の出
  結婚式は、1月だったので、めでたい元日の日の出を季語に使わせてもらった。結婚に至るまでのプロセスとしては、古事記のイザナギノミコト、とイザナミノミコトのように、男性が先に意思表示するのが良いと考え
     男有り女有りけり神の春
という句を作ったが結婚式場の標語のようになってしまっている。
  

Posted by okina-ogi at 17:16Comments(0)日常・雑感

2019年02月21日

俳句自選(頬の色)

 句帳をめくっていたら頬の色を詠んだ句が二句があった。前の句は、鶴岡八幡宮の蓮池の端に中学生くらいの剣道部の少年がいた。池の蓮の色と少年の頬の色が重なった。
      蓮の花少年剣士の頬の色
 後の句は、福井県の永平寺のスケッチである。修行僧の頬の色がひげを綺麗にしてあるだけでなく、精進料理を食べているからなのかと想像する程、俗人のそれと違っていた。山桜も印象的だった。
      僧の頬透きとおるかに山桜
  

Posted by okina-ogi at 12:20Comments(0)日常・雑感

2019年02月19日

俳句自選(外国で創った俳句)

俳句は、五七五の文字を基本にして、季節感表す季語をいれて、日本の自然の豊かさ、日本人が長い間に築いた文化を詠むものだと思っている。そうであるから、俳句に親しんだ同士に作者の意図、心が通じるのだと思う。友人が作る俳句など尚更わかりやすい。心の働きの中で情は大切で、喜怒哀楽を抑制すればするほど伝わりやすい。
 海外に出ても俳句は作れるもので
     韓寺に悲話あり秋の雨しとど
 韓国の仏国寺を訪問した時の句。豊臣秀吉の朝鮮出兵は、今も語り続けられている。ガイドさんに悲話を聞いたのだが、涙雨のように秋雨を感じたのである。次の句は、中国の西安を訪ねた時の句である。季節はこちらも秋だった。
     始皇陵平原けむり秋の風
小高い始皇陵の頂上まで登り平原を見たのである。はるか昔のことのように視界は悪いが、秋風が吹いていた。
  

Posted by okina-ogi at 17:51Comments(0)日常・雑感

2019年02月16日

俳句自選(可憐な花)

芭蕉の句で菫を詠んだ句がある。
   山路来てなにやらゆかし菫草
「なにやらゆかし」というところが芭蕉の感性だ。
   寝転んでそっと寄り添う花菫
堤防だったか、野原だったか忘れたが、寝転んだら顔の横に可憐な菫が咲いていた。
草津白根に行った時に、菫ではないが小さな可憐な花が咲いていた。同行者に花の名前を聞いたら「イワカガミ」だという。
   岩鏡この歳にして出会う花
この歳が何歳かは想像にまかせたい
。  

Posted by okina-ogi at 11:26Comments(0)日常・雑感

2019年02月15日

夏目漱石の俳句

 夏目漱石は、『吾輩は猫である』の小説で知られる文豪であるが、俳句も数多く作っている。友人の正岡子規の影響だと言われている。小説を本業とする前に多くの句を作り、子規が生存中には指導を求めた。漱石は、五高の教師となり、熊本に住んだことがある。街中を歩いていたら
     すずしさや裏は鉦うつ光淋寺  漱石
と書かれた碑を目にした。俳人飯田龍太によると(『俳句の魅力』角川書店)、漱石の句に佳句はあっても秀句はないと手厳しい。俳句は、あくまで余技だった言っている。しかし、漱石らしい句は微笑ましいものもある。
     某は案山子にて候雀殿
     肩に来て人なつかしや赤蜻蛉
猫の句もある
     行年や猫うずくまる膝の上
個人的に好き句は
     菫程なちいさき人に生まれたし
  

Posted by okina-ogi at 15:35Comments(0)日常・雑感

2019年02月14日

日野草城晩年の句

  日野草城は、京都帝大法学部を卒業したエリートであり、保険会社に勤め要職に就いたが、結核により退職し床に伏す日々が多かった。妻帯しており、妻が献身的に看病している。
  俳句に関心を持ち、アララギに投稿するようになり、高浜虚子に認められることになった。しかし、アララギのレールを外れ、無季の俳句をり作ったり、想像で創った「ミヤコホテル」は官能的な連作で、虚子の逆鱗に触れ破門された。
晩年は、正岡子規と同じような境遇になって俳句を詠んでいる。
  年暮るる仰向いて句を選みつつ
  われ咳す故に我あり夜半の月
右眼を失明し
 右眼にて見えざる妻を左眼にて
また
 風立ちぬ深き睡りの息づかい
という無季の句も作ったが、虚子からの破門は解消される。
さらに代表作とも言われる句は
 妻籠みに白雪降りて積もりけり
古事記にある素戔嗚尊の歌を想起させる。
  

Posted by okina-ogi at 17:28Comments(0)日常・雑感

2019年02月13日

俳句自解(花)

季語で花は、桜ということになっていて、連句でも花の座がある。桜を詠んだ句がある。
   お地蔵の散る花の全て見てござる
原句は少し違っていたが、俳句の先生が添削して上記の句になった。俳句に軽みの句というものがあって、芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」がそれだという。この場合、桜の木の近くにあった地蔵に「見てござる」としたところが工夫である。次の句は、桜を仰ぎ見た時に詠んだ句である。
    澄み渡る空に生まれて花の散る
桜の花びらが風に吹き上げられて、まるで空に生まれるような気がしたのである
。  

Posted by okina-ogi at 16:27Comments(0)日常・雑感

2019年02月12日

俳句自解(月)

  月は、むしろ太陽より俳句に詠まれてきたし、短歌もまたしかりである。百人一首には、
      月見ればちぢに物こそかなしけれ我が身一つの秋にあらねど
また、万葉集には、柿本人麿の
     ひんがしののにかげろいのたつみえてかえりみすれば月かたぶきぬ
がある。俳句にも例はあげないが、芭蕉、蕪村、一茶などに有名な句が見られる。今は、流行していないが、連句には花(桜)の座とともに月の座がある。日本人とって月を愛でる気持ちの現われであろう。月は秋の季語であるが、一年中見られるわけで朧月といえば春になる。冬の月を詠んだ句がある。季語は冬の月である。
     薄雲を溶かして渡る冬の月
 夜空を見上げると、晴れてはいるが、ちぎれ雲があって、その雲が動くたびに、月が隠れ現れる。しかし、雲に隠れていても月の光は消えない。まるで月が雲を溶かしているようである。寒い冬の夜だから、溶かすという表現になったのかもしれない。
    
  

Posted by okina-ogi at 12:56Comments(0)日常・雑感

2019年02月11日

堺屋太一さん逝去

今日の毎日新聞の一面に、堺屋太一さんの死去が載っていた。通産官僚から、作家、評論家、さらには請われて経済企画著長官になったマルチな人物であっった、テレビの出演も多く、ソフトな語りの中に、的を得て批評は、惹きつけられるものがあった。最近は、テレビで見かけることがなくなったが、橋本大阪知事の都構想の知恵袋になっていたという記事も目にしたことがあった。
 作家としての堺屋太一さんの書は愛読書になっていた。『耶律楚材』、『豊臣秀長』などは、人物評がよく描かれていたし、経済的感覚も無視していない。成吉思汗や豊臣秀吉の英雄の影に隠れ、支えた二人は堺屋太一さんに重なってくる。博識で、アイデアマン、企画力持った貴重な人物であった。83歳の死は、少し早かった。最後まで、頭脳明晰だったのではないか。ご冥福を祈りたい。
  

Posted by okina-ogi at 12:46Comments(0)日常・雑感

2019年02月06日

「俳句の心」山口誓子著 毎日新聞社

 俳人山口誓子は、長命であった。94歳まで生きた。明治34年(1901年)の生まれであるから、さすがに正岡子規に俳句を直接学ぶことはできなかったが、高浜虚子の主宰した「アララギ」で俳句を鍛えた。三高から東京帝大に進んだエリートであるが、企業に就職している。著書を読んでみると、「アララギ」が主張した写生を基本としている。構図とスケッチ、そこに色付けするところに絵画に似ている。何を書くのかは作者の心であって、その心は感動である。それは、本居宣長の言った「あわれ」に通じるという。「あわれ」を分解すると「ああ」と「はれ」だという。造化の心に触れることでもある。芭蕉も無視していない。
  アララギの家人斎藤茂吉の考え方、「実相観入」にも共感している。
  むかうより瀬のしらなみの激ちくる天竜川におりたちにけり
を挙げて評価している。三高から京都帝大に進んだ数学者の岡潔は、歴史、文学の批評にも深い見識をもっており、俳句は芭蕉が第一であるとしたが、斎藤茂吉のこの歌は、評価した。数々の数学の難問を説いた自分の気持に通じるものを感じたのであろう。
 山口誓子の句は、多く知らないが
 海に出て木枯らし帰るところなし
は、良い句だと思っている。確か昭和19年の句だった記憶がある。深読みすれば特攻隊のことを連想する。
  

Posted by okina-ogi at 14:52Comments(0)日常・雑感