☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年02月07日

電子申告

 確定申告の季節が近づいている。サラリーマンは、源泉徴収で年末調整ということはあっても確定申告とは無縁の場合が多い。昨年、国民年金の後納制度という、3年間の時限立法が10月からスタートした。我が家の恥を晒すようだが、子供の年金に未納分があることが判明。それも、かなり前のもの。国民年金制度では、2年前のものは免除の手続きをしていなければ、納付できないことになっている。
 この制度では、子供に代わって親が納付することができる。過保護と言われればそれまでだが、立て替えということにして、未納分をまとめて収めた。馬鹿にならない金額だが、社会保険料だから全額控除の対象になる。 10月以降の支払いなので、年金機構からの支払証明書を待って確定申告することになった。
 電子納税という方法があることを、国税庁のホームページで知っていて、数年前からその準備はしていた。いざ、自分で申告してみると結構大変である。インターネットに熟知している子供は、傍で見ていて、少しはアドバイスはするが、しくみが分からないので、手伝うわけではない。もともとは、子供の未納から始まったこと。なんでこんな苦労をしなければならないか。親馬鹿というものである。
 初年度だけ、3000円のご褒美が頂けるという。それにしては大変な手間であった。この電子納税をするために機械も購入し、住民基本カードも作成したり投資もしている。納税は国民の義務とはいえ、結構な苦行となった。アンケートがあったので、「ボケ予防と思ってやったが、脳出血にならなくてよかった」と皮肉を書いておいた。はたして、誤りなく申告できたのか、不備はなかったのか自信がない。税理士や公認会計士などの職業が成立するわけだと改めて納得した。
  

Posted by okina-ogi at 12:38Comments(0)日常・雑感

2013年02月06日

「北帰行」

心に浮かぶ歌・句・そして詩86
 小林旭は、石原裕次郎とともに日活の黄金時代に俳優として活躍したが、その後歌手としてもデビューし、数々のヒット曲を世に出している。彼の出演した映画作品は、ほとんどと言ってよいほど見ていないが、歌には関心を持った。「初恋」、「惜別の歌」はいずれも島崎藤村の詩だが、「北帰行」が好きだった。
 この曲の原詩となっていたのは、終戦当時まであった、旧制高校の一つである旅順高等学校の寮歌で、作詞・作曲は宇田博という学生だった。彼は、旅順高等学校を退学処分となり、一高、東大を卒業し民間放送局の重役になった人物である。原詩は

窓は夜露にぬれて
都すでに遠のく
北へ帰る旅人ひとり
涙流れてやまず

建大一高旅高
追われ闇をさすらう
汲めど酔わぬ恨みの苦杯
嗟嘆ほすに由なし

富も名誉も恋も
遠きあこがれの日の
淡きのぞみはかなきこころ
恩愛我を去りぬ

わが身容るるにせまき
国を去らんとすれば
せめて名残りの花の小枝
尽きぬ未練の色か

いまは黙して行かん
何をまた語るべき
さらば祖国わがふるさとよ
あすは異郷の旅路
  

Posted by okina-ogi at 07:26Comments(0)日常・雑感

2013年02月04日

『カラスの教科書』 松原始著 雷鳥社 1600円+税

 


 今朝(2月4日)郵便受けに小包が届いていた。書籍と書いてある。中身を取り出すと分厚い本が出てきた。『カラスの教科書』 松原始著 とある。「ハメちゃんとうとう本を書いたね」。著者は、京都大学の大学院を卒業し、カラスの研究者になっている。カラスの生態を追い続け、現在は、東京大学総合研究博物館に勤務している。
 早速ページを開いてみたが、カラスのスケッチが随所に出てくる。見事な描写力である。マンガ風に書いたカラスの姿も微笑をさそう。文章もいたって平易で学者のそれではない。
 何より、カラスに注ぐ愛情が諸所に感じられる。ユーチューブで「隣のカラスさん」という講演を聴いているので楽しく読めそうである。この本を送ってくださったのは、ハメちゃんのお母さんである。著者は、数学者岡潔先生のお孫さんである。4月の春雨忌の再会が楽しみである。
  

Posted by okina-ogi at 13:25Comments(0)書評

2013年02月04日

鈴木セイさんのお別れ会

 榛名湖に通じる県道、安中・榛名湖線を左に折れ、ロイヤル・オークカントリークラブゴルフ場の途中にはんな・さわらび療育園がある。重度心身障害者の施設で社会福祉法人榛桐会が運営している。この法人を設立したのが鈴木セイさんである。
 1月24日に亡くなられ、2月2日に高崎のラサ中山という葬儀場でお別れの会が行われた。101歳に近い長寿であった。姉妹施設である社会福祉法人新生会に勤務した関係で、何度となくお会いし、年賀状のやりとりもさせていただいた。ご高齢になられてからおつきあいであったが、非常に誠実で、気配りに優れ、行動的な方だった。
 鈴木セイさんに最初にお会いしたのは、昭和51年だったと思うが、榛名町の広報誌に吉川英治文化賞の受賞の記事があって、施設見学も兼ねてお会いしてみたいと思って、当時自動車の免許もなかったのでバスで出掛けた。見学案内をしてくださり、帰りは職員の車に鈴木セイさんも同乗し、ご自宅まで送っていただいた。ご自宅は、榛名荘のバス停の前で、そこからバスに乗って帰ったのである。
 翌年、榛名荘に隣接する社会福祉法人新生会に就職することになった。現在法人の理事長をされている原慶子さんが、同志社大学の出身でお声をかけていただいたのである。そのおかげで、今も尊敬する原慶子さんの父上である原正男先生とお会いすることができ、定年の年まで社会福祉の仕事をさせていただいている。
 お別れ式の引きものとして『パッションに生きた鈴木セイ先生』という本をいただいた。編集したのが原慶子さんである。鈴木セイさんは、自分のことをあまり書いていない。行動の人だったということを改めて知らされた。しかし、そういう人には書き残してくれる人が必ず現れる。聖書もキリストの弟子が書いたものである。鈴木セイさんは、クリスチャンで洗礼名は、マルタである。マリヤの姉である。この人も行為の人であった。
  

Posted by okina-ogi at 09:19Comments(0)日常・雑感

2013年02月03日

新島八重と裏千家

 NHK大河ドラマ「八重の桜」が放映開始になった。ドラマは始まったばかりで、会津戦争で、日本のジャンヌダルクと言われた、気丈な女性として登場する。
 兄覚馬を頼って京都に行き、新島襄に出会い、そして結婚し日本にキリスト教の学校を開設したいという新島襄の志を、兄とともに支える。新島襄の死後、八重は、30年以上も生き、昭和になって87歳でなくなるが、裏千家の茶道家になる。
これがご縁になったのか、裏千家の当主は、淡淡斎から3代同志社に学んでいる。私事になるが、現在の座忘斎は、同志社大学文学部(現在は心理学部)の心理学専攻の卒業で、私の5年後輩になる。
 面識はないが、2度御尊顔を拝している。我が家の菩提寺は、光明寺といって平安時代創建の天台宗の寺である。中曽根康弘元総理大臣の菩提寺でもある。千利休の先祖は、里見氏の出で、田中氏と言われ、この寺に供養墓がある。そのことがあって、この寺で茶会が開かれたことがあった。宗匠には会えなかったが、茶会で正客の役をおおせつかった。その時、掛け軸があって「真仏座屋裏」と書かれてあった。
 なるほどと思って感心した。座忘斎の座を入れて、寺での茶会にふさわしい内容になっているからだ。会社の社長や、重役が部屋に籠っていて、現場に出ず陣頭指揮しない場合がある。「貴人座屋裏」と書いてみたくなる。ちなみに、新島八重の茶名は「宗竹」であり、彼女がもっぱら亭主として茶を点てた茶室の名は「松風庵」であった。
  

Posted by okina-ogi at 16:40Comments(0)日常・雑感

2013年02月02日

『三匹の子ブタ』 イギリスの童話

 
 


 ヨーロッパの童話には、悪者としてオオカミが登場する内容のものが多い。森林文化であったヨーロッパ大陸では、長く狩猟の時代があったであろうし、牧畜を始めてからも、オオカミに家畜が食べられたり、人間が危害を受けたこともあったことが容易に想像される。
 グリム童話にある「赤ずきん」にもオオカミが登場している。日本では、狐が良く登場するが、食べられるという話までにはなっていない。
 『三匹の子ブタ』の話は、ディズニ―のアニメーション映画で有名になったが、原作はイギリスの昔話を童話化したもので、原作は、藁の家を建てた長男ブタ、木の家を建てた次男ブタもオオカミに食べられてしまう。煉瓦の家を建てた三男ブタは、煙突から侵入してきたオオカミを煮えたぎる鍋に落とし、料理して食べてしまうという内容だったという。これでは、あまりにも残酷で子供向けの童話にならない。
 我々が知っている『三匹の子ブタ』のあらすじでは、長男ブタも、次男ブタも三男ブタの家に逃げ込み、兄弟の協力で沸騰した鍋にオオカミを落とし、火傷を負ったオオカミが逃げていくという内容になっている。
 統計的に調べたデータ―を見たことはないが、男兄弟では、下の方が勤勉で知恵がある場合が多いような気もする。親も、最初の子は、過保護に育てる傾向があるのは、古今東西に共通しているのかもしれない。
  

Posted by okina-ogi at 07:00Comments(0)書評

2013年02月01日

『みにくいアヒルの子』 アンデルセン作

 

 アンデルセンは、デンマークの童話作家、詩人であるが、『即興詩人』という長編小説を書いている。森鴎外の名訳によって、日本の文人、文学青年に愛読された。私の尊敬する、旧制高校から、帝国大学の医学部を卒業し、長く地域で開業していた今年96歳になられる先生の青年時代の愛読書と聞いて、その名前を知っている。
 アンデルセンは、多くの童話を残し、この分野で多くの日本人は、彼の作品に親しんでいる。「マッチ売りの少女」、「人魚姫」、「裸の王様」、「親指姫」などの代表作は、図書館に行けば、子供達は読むことができるはずである。
 群馬県の館林市に多々良沼という場所があって、白鳥の飛来地になっている。友人が、自然愛好グループの運転手をして、その沼地に行った。例によって、お土産を買ってきてくれたが、カモや白鳥の多く群れた様子を話してくれたのが、何よりも土産話になった。そのおかげで「みにくいアヒルの子」のアンデルセンの童話を思い出した。
 子供の頃、どんな感情をこの本から受けたが、定かではないが、あらすじを読むと、現在でも共感するところが多い。人間でも、群れから離れて暮らすことは辛いものだが、画家や音楽家、文学者という芸術家の作品は、「みにくいアヒルの子」のような境遇で生まれることも多い。
 アンデルセンは、恋愛小説を書いたが、生涯独身であったという。旅もした。この童話の最初に接した母親は、アヒルで、生みの親ではない。心理学でインプリンティング(刻印付け)という言葉を習った。人間社会にも良くあることだが、実の母親と継母とでは、微妙な愛の違いがあるが、本質的には母親の人間性であろう。
  

Posted by okina-ogi at 08:52Comments(0)書評