☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年07月28日

中山道歴史散策(2014年7月)

江戸時代、参勤交代によって街道が整備され、宿場町が形成された。大名が泊まった本陣や昼休憩した茶屋本陣が今も残っている。安中市は、平成の合併で松井田町と一緒になった。中山道が通っていて、現代では国道が整備されている。高崎市に至るまでに、板鼻宿、安中宿、松井田宿、坂本宿があった。坂本宿からは、碓氷峠を越え信州に至る。
安中から国道一八号線で、横川駅に向かう。横川駅から先は長野新幹線の開通とともに廃止され、国鉄バスが運行している。高崎駅から横川駅までは、信越線の名前だけは残っている。横川駅の近くに鉄道村が整備され、観光施設として、鉄道の歴史を伝えている。職場のハイキング同好会の人達と訪ねることにした。


この日は大変朝から暑く、九時前だと言うのに三〇度近い熱気を感じた。最初立ち寄ったのが、安中市街地にある新島襄旧宅である。中山道から少し外れているが、藁葺の古い家で明治の初めの建物である。この家に住んでいたのは、新島襄の両親で、しかも現在の場所に移築され保存された建物である。明治維新により、江戸の安中藩邸に居た武士は、安中に戻り新島襄の父民治も同様であった。
新島襄は、明治維新の前に国禁を破り、アメリカに渡っていた。明治七年に帰国し、父親に面会したのがこの家である。前日の夜には、安中に到着していたが、老親のことを考え翌朝訪問したのである。開館は、九時となっていたが、既に受付の人がいて、縁側から座敷に通してくれた。個人的には、数十年ぶりの訪問になる。「八重の桜」のドラマもあり、以前より展示室が充実している。

鉄道村がメインだが、その途中、原市にある碓氷社の建物を見る。明治三八年の建物だが、良く保存されている。富岡製糸工場を中心とする絹遺産群には入っていないが、群馬県の重要文化財になっている。農民の組合組織で生糸を加工し輸出した。その本社事務所として建てられ、木造ながら大きな建物で、二階には大会議室がある。残念ながら内部は見学できない。桑畑の中にあれば雰囲気もあるだろうが、近くに大きなスーパーがあり、その駐車場の一画に建っている。足早に立ち去り、次に向かったのが、旧松井田町にある五料茶屋本陣である。国道一八号線で上信越高速道路の橋梁を過ぎて、すぐに右折すると広い駐車場があるが、信越線を渡った所にも駐車場がある。この日は、日曜日だが訪ねる人もなく、近い駐車場に車を停めることができた。名前だけは聞いていたが、訪ねるのは初めてである。
高崎市豊岡にも茶屋本陣が残っている。それほど大きな家ではなかったが、松井田宿の茶屋本陣は大きい。立派な門もあり、しかも二棟ある。「お西」と「お東」と言い分けている。両方とも二階建てで坪数が一八〇坪もある。農家の佇まいではあるが、賓客用の部屋がある。書院づくりの立派な部屋である。夏でも、通気性が高く涼しい。縁側に座り庭先を見ると石庭になっている。遠くに妙義山が見え、借景庭園にもなっている。信越線が家のごく近くを走り景観を損なっているが、許せる範囲である。家の裏は、山になっているが、自動車の音がしきりにすると思ったら、上信越高速道路が走っている。これも、街道にある宿場の宿命とも入れる。粋な池があって注意して見ると瓢箪の形をしている。遊び心も感じられて良い。


受付の女性が気のきく人で、「お西」と「お東」の間にある東屋に冷たい麦茶を用意してくれた。実においしく有り難かったのだが、蚊に刺された。事務所に戻ってキンカンをもってきてくれた。虫さされに懐かしい薬品である。東屋は、茶屋本陣の建物の横にあり白壁が良く見える。屋根の高い部分に鬼瓦の代りに、菱形の木組みがあった。「雀躍り」というのだと教えてくれた。建物は、一度火事で焼けたが、すぐに建て替えられて今日に至っている。一八〇六年というから、二〇〇年以上建っている。代々の名主役であり、両家とも中島姓である。


横川駅の近くには碓氷関所跡があるが、江戸時代の中山道の峠の道は狭かった。幕末皇女和の宮がこの峠を越えて来たかと驚きを感じえない。大名行列のように、人数も多くに荷物も多かっただろうから、和宮の心境はまるで都落ちのようではなかったかと想像した。この難所にトンネルを掘り、軽井沢との間に鉄道が開通した。明治二六年のことである。当時に建設された煉瓦の橋は、「めがね橋」として今も残されている。アプト式という方法で急勾配の線路を列車が移動することができたが、蒸気機関車では、機関士や乗客の健康にもよくないので、大正時代には電化される。その発電所と変電所が今も残されている。煉瓦造りの立派な建物である。トロッコ列車で立ち寄ることができる。


いつもは、通り過ぎる碓氷峠だったが、鉄道村でこの難所を人々が超える歴史を体感できた。峠の湯は火災のため休館になっていたが、帰りには磯部温泉に立ち寄り鮎料理を味わい、温泉に浸かり思い出に残る街道歴史散策ができた。
  

Posted by okina-ogi at 23:10Comments(0)旅行記

2014年07月25日

猫の看とり

梅の収穫が終わった6月中旬から飼い猫の異変に気付いた。食欲が落ち、抱き上げてみるといやに軽い。4月に新たな住人になった若猫と体重が逆転している。動きもすっかり緩慢になった。口を開けて見ると歯も少なくなっている。固い餌も充分に噛めないようだ。老化だからしかたないと見ていたが、益々痩せて来た。
家で飼うようになってから、10年以上になる。12月の末の雪の日の夜だった。庭先に細い声で鳴き、じっと動かない。毛に着いた雪も降り落とそうともしない。抱えて見ると痩せて軽かった。人懐こい猫で、大人しく家人にすぐ慣れた。名無しではと「クレちゃん」にした。暮れに我が家に来た猫というほどの意味である。
半月前からほとんど自分から食べられず、近くの獣医に注射で栄養を補給してもらい、命を長らえていたが、今朝(7月24日)に亡くなった。昨夜寝る前に、注射器であげた水が死に水になった。猫も看とる時代になった。猫とはいえ、思い出は残っている。餌の皿の前に、鳴かずにじっと待っている後ろ姿が印象的な猫だった。隣接する畑に、丁重に葬った。命日だけは、忘れないでおこう。
  

Posted by okina-ogi at 09:17Comments(0)日常・雑感

2014年07月22日

広縁




旅館の和室には、ほとんど広縁が窓際に設置されている。テーブルを挟んで、椅子が置かれ腰掛けて寛ぐことができる。縁側のように通路になっていないので、応接間のようにも使える。自宅の和室に、広縁がほしくなった。友人が来訪する折には、和室を提供し、広縁で会話ができるかもしれない。書斎が欲しいと思っていたが、広縁の奥にデスクが置けるスペースを作れば書斎代りになる。和室の隣を書庫にすれば、便利に使えるかもしれない。坪数も少なくて済む。  

Posted by okina-ogi at 17:38Comments(0)日常・雑感

2014年07月16日

『ふたつの故宮博物院』野嶋剛著 新潮選書 1296円(税込)




台北故宮博物院展の後、会場の売り場でこの本を購入。著者は、台湾に詳しい新聞記者である。台北故宮博物院の政治的背景がよくわかる。日本での開催まで、司馬遼太郎や平山郁夫が貢献したことも書いてある。国立博物館には、パスポートで入れるので、著書と葉書を土産に買うのが習慣になっている。
現代の中国、特に大陸の中国は、政治形態からして親近感はわかないが、2度中国に渡り、友人もいる。中国の歴史は長く、その文化も評価している。中国の友人が、大きな声では言えないが、この国(中華人民共和国)は覇権主義だと言っていたのを印象的に覚えている。北京ダックを食べた最後の夜だったこともあり、尚更記憶に残っている。
皇帝の時代、富も文化も権力に集中する。この国のスケールは大きい。中華思想というのも独特である。金銀財宝という品々ではないが、故宮博物院に置かれている名品は、中国人の誇りであることには違いない。
  

Posted by okina-ogi at 07:43Comments(0)書評

2014年07月15日

台北故宮博物院展(2014年7月)




東京国立博物館で、台北市にある国立故宮博物院の至宝とも言うべき所蔵品が、6月24日から9月15日まで展示される。10月7日から11月30日は、太宰府天満宮に隣接する九州国立博物館での展示が予定されている。日本での展示会は、初めてである。政治的にも解決しなければならない問題もあって、実現までの道のりは長かった。
ポスターにも載っている「翠玉白菜」が注目され、2週間の限定だったために、行列ができたらしい。熱い日に、外で長い時間並ぶのも大変だと思い、7月13日の日曜日に展示会を見に行った。予想どおり行列は出来ていなかった。いつかは、台湾に行こうとは思っているが、台北故宮博物院の品々を日本で見られることは、幸運である。
古代のものから清国の時代の物まで並んでいるが、とりわけ目を惹いたのは、陶器である。白磁や青磁は、中国において発展し、陶器をチャイナと呼ぶ由縁である。景徳鎮で焼かれた物に関心を持った。この技術は、現代に継承されていないらしい。
政権が変わるたびに、文化が継承されないのが中国だと思っていたが、清国時代に皇帝の所有物として膨大な数の中国の歴史を物語る宝というべき、芸術作品を残した、乾隆帝のコーナーが設けられていた。清国は、ヌルハチを始祖にする満州族の国である。漢民族が、中心になる中華思想も良く引き継いでいる。
中国人の来館者が多いのにも驚いた。おそらく大陸の人だと思う。故宮博物院は、北京にもある。場所は、皇帝の住まいであった紫禁城である。
  

Posted by okina-ogi at 13:03Comments(0)日常・雑感

2014年07月13日

和室

日本人なら、和室の一部屋はほしい。茶を嗜むような高尚な趣味は持たないが、畳の部屋は落ち着く。茶室と思えば良い。広さは、4畳半で充分。取り外しのできる掘り炬燵は必要。床の間は、日本文化だから理屈なし。押し入れは、貴重な収納場所。二面は外光がとれるようにしたい。一面は、二人が腰掛けられる廊下があり、畳の部屋との区切りは障子にする。良く旅館にある和室の構造である。  

Posted by okina-ogi at 08:51Comments(0)日常・雑感

2014年07月12日

寝室の中のトイレ

ホテルの部屋は、トイレと浴室が付いている。リゾートマンションは、簡単なキッチンが付いている。老人ホームの個室は、簡易なリゾートマンションと同じである。介護度の高い、高齢者施設は、キッチンがなくトイレだけである。このようなことを考えて、終の住み家の「庵」は、寝室にトイレがあった方が良い。ただ、来客や家族のことを考えるともう一つトイレを設置する必要がある。  

Posted by okina-ogi at 08:55Comments(0)日常・雑感

2014年07月11日

居間と書斎の兼用

読書などは、書斎などという改まった空間でなくてもできる。作家でもないのだから、身近に溢れるような書物を置いておかなくても良い。現代風な庵を考えた時、改めて書斎という空間は必要ないと思えてきた。壁側に書棚を置き、隅に机を置けば、充分な書斎となる。一画に台所と食卓があっても気にならない。一人でいることが多いのだから。  

Posted by okina-ogi at 08:58Comments(0)日常・雑感

2014年07月10日

石庭




京都の寺に行くと石庭が見事である。竜安寺の石庭などは、代表的な石庭で、縁側に座って眺めていても飽きない。天龍寺の枯山水様式も自然を取り込んで心が安らぐ。南禅寺の方丈庭園も味がある。規模は小さくても、自宅に石庭があったら良いと思うようになった。齢を重ねたためだろうか。石は素朴だが、人間の心を癒す何かがあるような気がする。  

Posted by okina-ogi at 08:49Comments(0)日常・雑感

2014年07月09日

パティオ

中庭の意味でスペイン語である。昔、学生時代を京都で過ごし、典型的な町屋造りの家に下宿した。1年余りで引っ越ししたが、貴重な経験をした。家の中央にある4畳半くらいの部屋で、採光は間接的だった。玄関から土間が中庭まで続き、見下ろすと大家さんが一階にある居間を出這入りするのが見えた。人間が住むのには全く不向きな部屋だった。友人は奥の広い8畳間に下宿し、外に接しているので明るく、下には中庭があった。日本庭園でなかなか良い庭であった。
高崎の音楽センターを設計した、レーモンドの事務所は、ほぼそのまま井上房一郎が自宅に取り入れられて、現在高崎哲学堂の建物として残されているが、パテイオがある。レーモンドは休憩や食事の場所として使っていたという。パティオのある家も良い。
  

Posted by okina-ogi at 09:16Comments(0)日常・雑感

2014年07月08日

垣根

市街地などは、緑が少なく、家と道路の境界を垣根にすると補助金が出る自治体もある。外から家のプライバシ―を守ろうとすれば、塀か垣根になるが、どうも塀というのは圧迫感があって気が進まない。農地を転用して家を建てたので、道路側には垣根も作らなかった。新聞配達の人も、郵便局の人も、宅急便の人も垣根があるべき所から玄関に来ている。門があるわけではなく、駐車スペースがあっても、車があると入りにくいからだ。
居間が道路に面しているわけでもないので、家の中が丸見えということには、ならないが、垣根くらいはあった方が良いと思えて来た。南側には新幹線が走り、境界に塀があるので目隠しに柾の垣根がある。柾は挿し木で増やせるようなので、早速実行することにした。上手くいけば5年もすれば、それらしい垣根になるだろう。
垣根の代わりに、自然石を置いたらどうかとも思っている、北側は、榛名山も眺望できるので垣根で眺めを遮断するのももったいない。高さを一定にせず。50センチくらいの高さで山脈のようにしたら面白いかとも思っている。
  

Posted by okina-ogi at 17:12Comments(0)日常・雑感

2014年07月06日

拉致問題

北朝鮮に住んでみたいかと問われれば、もちろんノーと言わざるを得ない。経済的に貧困であり、何より心の自由が保障されそうもない。権力闘争があって、粛清などということも起きる。加えて軍国主義の国である。国家予算のうちに軍事費が占める割合は異常に高い。そうしなければ、国の安全が守れないと思っている。そんな国の中で、国民はよく我慢していると大概の日本人はそう思うだろう。
多くの日本人が、国から失踪して久しい。全てかどうかは知らないが、明らかに北朝鮮の国家的意志によることは、明らかである。国家による誘拐事件で、犯罪行為である。大概は、犯人は身代金を要求する。国家間だから、日本に身代金を要求するわけにもいかないので、外交カードにしている。歴代政権も苦労してきたが、安部政権の外交交渉で光が見えてきた感じがする。生存者がいて、老親や兄弟の下に帰国者が現れることを願う。
国家による拉致、あるいは民族間による拉致で思い出すのは、中国大陸では、遊牧民が漢民族を拉致したことが知られている。万里の長城が築かれたのは、遊牧民の侵入を防ぐことだったが、馬と人間がセットで越えることを恐れたからである。馬に乗った遊牧民には、10人の漢民族が立ち向かっても勝てない、いやそれ以上だったかもしれない。
政権(金正恩体制)という「馬」と、国民という「人」が離反したならば、拉致問題や、核、ミサイルによる緊張した国際関係は、緩和されるかも知れない。北朝鮮の国民に心も生活も豊かになれる国を目指してもらいたい。
  

Posted by okina-ogi at 07:25Comments(0)日常・雑感

2014年07月05日

浄化槽2

汚い話の続きで恐縮だが、浄化槽のこと。人間というものは、関心がなければ視界に入っても見えないということだ。雨の中、近場の何度もプレーしているゴルフ場のコース途中のトイレに立ち寄った。足元を見たら、浄化槽がある。トイレの下は、林である。こんな場所にも浄化槽が必要なんだと感心した。感心する方がおかしいので、山野といえども排泄物は処理しなければならないのだ。ゴルフは、紳士のスポーツ。昼ビールを飲んで、木陰で放尿するのは、いけません。  

Posted by okina-ogi at 09:32Comments(0)日常・雑感

2014年07月03日

浄化槽

別荘などもてる身分ではないが、子供が成長したら家を明け渡して、高齢者に適した「庵」を結ぼうと考えていた。昔なら隠居部屋ということだが、寝室、浴室、トイレ居間を設けて、子供に依存せず暮らせる建物だから、隣接する別荘のようなものである。ほとんど、毎日使うと思うから別荘という言い方はできないかも知れない。
一茶より風土も、建物もよっぽど恵まれているが、一茶の句を拝借して「これがまあ終の住み家か20坪」というほどの粗末な家だが、浄化槽が独立して現在のものとは、別に必要だという。人数が増えるわけではないのだから、既存のものが使用できると良いのだが、許可されないようだ。自然環境や衛生に配慮することは、近代人の義務だと考えているから、浄化槽は、必要だが目的が果たせれば、無駄な設備を造るつもりもなかろうと思うが、法律上の市の方針だという。補助金も出しているらしい。同じ宅地に、附属的な建物を建てるのなら、既存の浄化槽も使用できるというが、「積極的一人暮らし」のためには、必要な対価と考えることにした。
  

Posted by okina-ogi at 09:45Comments(0)日常・雑感