☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年07月21日

俳句自選(蝉)

  中曽根康弘元総理の菩提寺は、高崎市の里見の光明寺にあって、句碑がある。
 昏れてなお命の限り蝉時雨
政治家らしい句だと思った。
光明寺は、また、茶道の千家の先祖の奥津城があることでも知られている。
参道の脇に伝教大師の像もある。
古く格式のある天台宗の寺である。
  

Posted by okina-ogi at 16:12Comments(0)日常・雑感

2019年07月12日

俳句自選(飯盛山)

 長男の運転で会津に行ったことがある。
戊辰戦争で、会津藩は悲劇の藩になった。
白虎隊として未成年も戦いに加わり、城が炎上していると思い込み隊士は、自らの命を絶った。
その飯盛山に行き、慰霊した。季節は、夏だった。
白虎とはこの世におらず夏木立
墓碑並ぶ会津は緑深き中
  

Posted by okina-ogi at 19:12Comments(0)日常・雑感

2019年07月10日

俳句自選(夏木立)



  京都の宇治といえば、平等院が有名だが、宇治川の対岸に、宇治上神社がある。
神社の古い建築様式を残しており、世界遺産になっいる。
祭られているのは、中央が応神天皇。右側が仁徳天皇。
そして左側が菟道稚郎子命である。
父である応神天皇に皇位を継ぐように遺言されていたが、辞退し、異母兄である仁徳天皇に譲った。
兄も皇位を父の遺志として知っていたので受けようとしなかった。
皇位が空位となっては困るとと思い、菟道稚郎子命は命を自ら絶たれてしまった。
近くには、御子の稜もある。
    父君も兄君もいて夏木立
  

Posted by okina-ogi at 14:15Comments(0)日常・雑感

2019年07月04日

俳句自選(遠雷)



遠雷は、夏の季語である。
遠雷というタイトルで曲があった。
映画もあるようだ。
今はパソコンで聞いたり見たりすることができる。
音楽だけでも一度聞いてみようと思う。
子供の頃養蚕農家だったので畑に桑を切りに行った思い出がある。
桑には実があって、「どどめ」と呼んで食べた思い出もある。
今は、養蚕農家もすっかり減って桑畑をみることも少ない。
     夏蚕(なつご)飼う人もあるらし桑畑
畑で刈った桑は、リヤカーに乗せて運ぶのだが、遠くの空に黒雲が見え、雷の音がする。
親子で家路を急ぐが、木々の揺れるのがなんとも気持ち悪い。
    遠雷にあたりの木々の騒ぎおり




  

Posted by okina-ogi at 15:40Comments(0)日常・雑感

2019年07月03日

俳句自選(緑陰)

鎌倉といえば鶴岡八幡宮に参拝するのがお決まりである。
創建の頃からの銀杏の木が倒れたのは、残念だが新しく銀杏の木が植えられたが、どれほど成長したか見ていない。
友人数人と鎌倉に行ったのは古い銀杏があった時だから10年以上前のことである。
鎌倉幕府が倒れ、室町幕府に移る間に、南北朝の時代があった。
足利尊氏に対し後醍醐天皇が対立した。
天皇の御子に護良親王がいる。
征夷大将軍となって足利軍と戦いに破れ、洞窟のような場所に幽閉され、命を落とされた。
     緑陰に洞なお暗し鎌倉宮
鎌倉宮は明治天皇が創建した。
  

Posted by okina-ogi at 10:25Comments(0)日常・雑感