☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2012年08月28日

心に浮かぶ歌・句・そして詩②

漢詩などは、高校の国語で習って後、関心が向かなかったが、若い時入院することがあって『唐詩選』を手にすることがあった。ゆっくりと味わってみると、中国の墨絵の世界のような情景が浮かんでくるようである。
特に、李白の詩に惹かれるものがあったが、次の詩は彼の作品ではない。

白日依山尽
黄河入海流
欲窮千里目
更一層楼
「登鶴鵲楼」という題名がついている。作者は、王之渙という人。
いろいろの訳詩があるだろうが、大意は次のような内容である。
「太陽が山に沈んでいく。黄河は海に向かって流れている。更に遠くを見たいと思い、高殿にある楼に登る」
中国に知人がいて、25年ぶりに最近再会した。彼も今年で定年である。時間ができたので奥さんと一緒に日本に来た。東京で仕事をしている、息子夫婦のところに数カ月滞在するらしい。昔、彼にこの詩を朗読してもらったことがある。
「パイリーイイシャンチン・・・・」日本人の私の耳にはそう聞こえた。抑揚があって、独得の読み方だった。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩②
    コメント(0)