☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2012年10月15日

『厚生労働白書』(24年版)を読む(5)―P・79


福祉レジーム
○自由主義レジーム(アメリカなどのアングロ・サクソン諸国)
○社会民主主義レジーム(スウェーデン、デンマークなどの北欧諸国)
○保守主義レジーム(ドイツ、フランスなどの大陸ヨーロッパ諸国)
日本は、どこに所属するかというと、自由主義レジームと保守主義レジームをくみあわせたようになっていると指摘している。それぞれのレジーム概略的に述べると、自由主義レジームは、市場の役割が大きく、リスク管理は、個人的な責任で、社会保障は貧困層に限られた給付がなされる。社会民主主義レジームは、国家の役割が大きく、高所得者でも低所得者でも同じ社会保障の給付が受けられる。高福祉、高負担となっている。保守主義レジームは、家族や職域の役割が大きく、リスクの共同負担(連帯)と家族主義を志向している。歴史的背景としては、カトリック教会とギルドの影響があるとされる。社会保障は、先進国に学ぶのは良いとしても、その国の人々が納得しやすいかたちで進めるのが良い。税の福祉への使い方は、これから本格的に議論されるが、『厚生労働白書』は、一度目を通しておいた方が良いと思う。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(掛稲)
『高浜虚子句集』より(無月)
「高浜虚子句集』より(極署)
『高浜虚子句集』より(萩)
『高浜虚子句集』より(朧夜)
『高浜虚子句集』より(冬日和)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(風花) (2020-09-27 08:47)
 『高浜虚子句集』より(初詣) (2020-09-26 08:34)
 『高浜虚子句集』より(掛稲) (2020-09-25 17:35)
 『高浜虚子句集』より(落葉掃) (2020-09-25 09:01)
 『高浜虚子句集』より(無月) (2020-09-24 09:12)
 「高浜虚子句集』より(極署) (2020-09-23 08:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『厚生労働白書』(24年版)を読む(5)―P・79
    コメント(0)