☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2012年10月20日

新しい「児童手当制度」

『厚生労働白書』(24年版)を読む(6)―P・310
新しい「児童手当制度」
一律23,000円の「子供手当」は、その後どうなったのか。「児童手当制度」に戻り、以前の「児童手当」よりは、支給が手厚くなった。所得制限(960万円)が設けられたが、特例で当分の間5,000円が支給される。大雑把に言えば、5,000円増額したという感じか。しかし、配偶者や、扶養者控除がかわり、家庭の収入にあまり変化がないともいう。このページで詳しく説明しているわけではない。少子化対策でいろいろな試みがなされているが、「子供手当」は、〝ばらまき〟の税金の使い方の典型だった言われても仕方がない。育児休業も少子化対策だが少しずつ改善されてきているが、「子供手当」のように財源に根拠がないと途中で制度が頓挫してしまう。子供は、社会全体で育てることに反対しないが、「勤勉さ」を失う国にならないことを一番に危惧したい。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(掛稲)
『高浜虚子句集』より(無月)
「高浜虚子句集』より(極署)
『高浜虚子句集』より(萩)
『高浜虚子句集』より(朧夜)
『高浜虚子句集』より(冬日和)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(風花) (2020-09-27 08:47)
 『高浜虚子句集』より(初詣) (2020-09-26 08:34)
 『高浜虚子句集』より(掛稲) (2020-09-25 17:35)
 『高浜虚子句集』より(落葉掃) (2020-09-25 09:01)
 『高浜虚子句集』より(無月) (2020-09-24 09:12)
 「高浜虚子句集』より(極署) (2020-09-23 08:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新しい「児童手当制度」
    コメント(0)