☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2012年10月25日

「竹田の子守唄」

心に浮かぶ歌・句・そして詩44

「竹田の子守唄」は、京都伏見の竹田という場所で歌われていたものを、フォークグループの「赤い鳥」が広めた曲として知られています。今日まで知らなかったのですが竹田という地区は同和問題と関係があるんですね。学生時代、京都におりましたから、被差別部落のことを意識したことがありました。住井すゑ原作の『橋のない川』の映画や、島崎藤村の『破戒』などを読み、同和問題を考えさせられた時期もありました。しかし、この曲が同和問題と関係があったとは知りませんでした。歌詞の中に出てくる「在所」は部落の意味があるようです。今もそうですが、ただ、良い曲だなあと思って歌っていました。

「竹田の子守唄」
守りもいやがる 盆から先にゃ
雪もちらつくし 子も泣くし
盆がきたとて なにうれしかろ
帷子(かたびら)はなし 帯はなし
この子よう泣く 守りをばいじる
守りも一日 やせるやら
はよもいきたや この在所(ざいしょ)越えて
むこうに見えるは 親のうち


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「竹田の子守唄」
    コメント(0)