☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2012年10月31日

『厚生労働白書』(24年版)を読む(9)―P・50とP458

公的年金制度は、賦課方式による世代間扶養の仕組みである
 現在、年金を受給している高齢者のお金は、現役世代の保険料が使われているという説明になっています。そして、少子化により保険料収入が少なくなり、年金の減額ということが、近い将来議論されるでしょう。20代でまだほとんど、年金を拠出していない人達の中には、自分たちが高齢者になった時は、年金が支給されないから、国民年金保険料などは払わないという人もいるでしょう。しかし、良く考えてみると少子化になっても、誰もが確実に保険料を収めていれば、この世代間扶養の賦課方式は、破綻しないはずです。年金積立金というのがあります。このお金を運用しているわけですが、経済状況が変化し、このところ苦戦しているようですが、統計によれば2012年で19.7兆円の累積収益額があります。ここ10年間の平均収益率は、1.57%となっています。税金も投入して財源措置もするはずです。高齢者になった時に、無年金者が増えることによって、生活保護費が増大するようになったら大変です。若者よ、年金制度を信頼しよう。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『厚生労働白書』(24年版)を読む(9)―P・50とP458
    コメント(0)