☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2012年11月17日

『サテライト』  富岡賢治(現高崎市長)著  

『サテライト』  富岡賢治(現高崎市長)著 高崎都市戦略研究会 1000円

発行日は、平成23年1月30日となっている。著者が、高崎市長になる直前の発行である。友人から頂戴したのである。高崎市長選は、激戦だった。結果は、富岡氏が市長に当選した。高崎市の市長が富岡市長になった。高崎市に隣接して富岡市がある。なにやらややこしいが、文部官僚から、群馬県立女子大学の学長を歴任した立派な経歴の市長である。
群馬県立女子大学の学長時代にラジオ高崎でトーク番組を担当していた。それを活字にしたのが本著である。教育関係は、御専門だから御高説を賜ることにして、どんな御人柄なのかという点に興味が行く。東大法学部、文部省の局長、頭脳優秀であることは疑う余地がない。何度か、集会で御尊顔を拝し、お話を聴いているが、温厚な感じを受ける。著書というものには、小説家は別だろうが、抑制しても人柄が出るものである。ましてトークの内容を文字にすればなおさらである。富岡市長は、競馬もパチンコもやり、煙草も嗜むようである。麻雀もするらしい。ただ、学生時代と書いているので現在は、わからない。お酒は、どうだったか。お好きなようなら親近感がわく。そうした卑近なことを詮索するよりも、富岡市長が文化、とりわけ高崎市の文化に関心を持っていることである。確か、お兄様は、井上房一郎翁の設立した哲学堂の理事をされていて、一度お会いしたことがある。お会いできる機会があれば、御人柄がはっきりする。その時は、この本にサインをもらいたいと思っている。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『サテライト』  富岡賢治(現高崎市長)著  
    コメント(0)