☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年01月18日

讃美歌312番「慈しみ深き」

心に浮かぶ歌・句・そして詩80

讃美歌312番「慈しみ深き」
1.慈しみ深き 友なるイェスは
罪咎憂いを 取り去りたもう
心の嘆きを 包まずのべて
などかは下ろさぬ 負える重荷を

2.慈しみ深き 友なるイェスは
我らの弱気を 知りて憐れむ
悩み悲しみに 沈める時も
祈りにこたえて 慰めたまわん

3.慈しみ深き 友なるイェスは
変わらぬ愛もて 導きたもう
世の友我らを 捨て去る時も
祈りにこたえて いたわりたまわん

 キリストの神性を見事に表した詩だ。日本語訳も良い。クリスチャンでなくともこの讃美歌を愛唱する人は多いと思う。作家の曽野綾子さんが自伝を書いている。知らぬ間に80歳を超えていまも活動的な方である。曽野綾子さんとは、30年近く前だが、何度かお会いする機会があり、ご著書を頂き、法人の広報誌に原稿を頂いたことがあった。
 この詩の一番に出てくる「罪」と「咎」の違いについてである。「罪」とは、神が認めるもの、人間には判断しがたいもの。「咎は」、失敗に近いもの。法律用語で言えば、意味は同義ではないが、故意のものと過失のものという程度の違いか。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
讃美歌312番「慈しみ深き」
    コメント(0)