☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年01月28日

「新島襄・八重子展」

 


 1月22日から、安中市にある旧碓井郡役所で「新島襄・八重子展」が開催されている。1月27日の日曜日を利用して見学した。旧碓井郡役所は、新島襄記念礼拝堂の隣にあり、木造家屋であるが、よく保存されている。建物の中に入るのも初めてである。それほど広い部屋ではないが、パネルでコンパクトに、新島襄と八重子(八重)のことが紹介されている。ボランティアの人だと思うが、親切に解説してくれる。関連図書も販売していている。ほぼ、1年にわたり展示が続く。ステージ1は、6月2日まで。「誕生から出会い」ステージ2は、6月4日~12月23日までの開催。「結婚から終焉」駐車場もあるので、車で出かけても良い。JR安中駅からも近い。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

この記事へのコメント
八重子の歌
故郷に飾る錦は?・・・・
身にまとうべき時にあらねど
Posted by 髙松 富子 at 2013年03月02日 13:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「新島襄・八重子展」
    コメント(1)