☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年02月13日

「さとうきび畑」

心に浮かぶ歌・句・そして詩88

「さとうきび畑」
 森山良子が歌って広く知られる歌になった。反戦歌である。もう10年前くらいになるだろうか。明石家さんまが演じていたドラマは、気負いがなく戦争の非条理を痛感させた。
 この戦争後、沖縄には、米軍基地が置かれ、アジアの均衡を保つ役割を果たしている。そのことによって、沖縄の人々は経済の恩恵にもよくしているのだが、軍事基地という重荷を負わされている。
 新垣勉という盲目の歌手がいる。この人の「さとうきび畑」は、森山良子よりも心に響くものがあった。目が見えなくなったのは、不慮の事故であったが、日本人の母と米軍兵士の間に生を受けた。父は去り、母に育てられたのである。
 父親はいない、眼は見えない。どれほど辛い思いをしたであろう。しかし、彼には歌の才能があった。父親の遺伝子か声量は日本人離れしている。見事にマイナスをプラスにする人生を歩むことができた。

ざわわ ざわわ ざわわ
広いさとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ
風が 通りぬけるだけ

昔 海の向こうから
いくさがやって来た
夏のひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ
広いさとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ
風が 通りぬけるだけ

あの日 鉄の雨にうたれ
父は死んでいった
夏のひざしの中で

歌詞は一部だがお許し願う。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「さとうきび畑」
    コメント(0)