☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年03月05日

安倍総理の印象

 3月1日(土)に下関市にある赤間神宮で数学者岡潔(1901~1978)の記念祭が開催され参列。岡潔の命日にあたるこの日は、故人が好きだった春雨が降っていた。赤間神宮は、安徳天皇を祭っている由緒ある神社である。この神社に長く奉職されている方が、若い時から岡潔に惹かれ、今日まで慰霊を行ってきた。関西から、春雨忌に集う人(春雨村塾生)4人と岡潔の次女である松原さおり氏も参列。ほぼ、5年おきに参列し、すっかり赤間神宮と下関が好きになった。そして、長州の人も。
 直会(なおらい)があって、下関に住む方々との語らいの場があった。遠方からの参列者ということで自己紹介をさせていただくことになった。今回、本当に初めて知ったのだが、安倍総理の住まいは下関にあり、選挙区であることを。市内を移動した時、「あの高台に安部総理の家がある」と指さされた。
 「今回総理になった安倍さんの発言にはさわやかさを感じる。政治状況とか他党に配慮することはあっても、媚びへつらうような発言がない。それは、後ろめたさのようなものがないからだと思う。体を悪くしたこともあり、体調に不安があっても、捨て身な感じがある。あせらずやっていただき、日本を活力ある方向に持っていていただきたい」
社交辞令で言ったつもりではないが、そんな主旨のことを話すと、同席の方々も同感だと頷かれた。



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
安倍総理の印象
    コメント(0)