☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年03月10日

心に浮かぶ歌・句・そして詩95

 上野の東京国立博物館で「王義之展」を鑑賞して触発されたわけではないが、漢詩に心が向くようになった。高校の漢文の授業ほど退屈な時間はなかったが、ふりかえると味な内容だったという気がしてきた。担当の先生には感謝しなければならない。次の漢詩などは、春になると自然に口ずさむことがある。
春眠不覺暁
處處聞啼鳥
夜来風雨聲
花落知多少

春眠暁を覚えず
処処(しょしょ)啼鳥(ていちょう)を聞く
夜来(やらい)風雨の声
花おつることを知る多少(いくばく)
 孟浩然(もうこうねん)の作。春暁という題がついている。孟浩然は、唐の時代の人である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩95
    コメント(0)