☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年03月21日

心に浮かぶ歌・句・そして詩101

四方(よも)の海みな同胞(はらから)と思う世に 
など波風の立ち騒ぐらん
 
明治天皇御製
 昭和天皇は、この明治天皇の歌を持って暗に、開戦に反対の意を示したが、かなわなかった。皇室は、平和への思想が強い。明治天皇が、軍服を着たことが、不幸な歴史を生んだ。征夷大将軍を皇室から出すような時、国難が生まれるような気がする。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

この記事へのコメント
美しいあなたのウェブサイト
Posted by คาสิโนออนไลน์ at 2013年03月21日 17:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩101
    コメント(1)