☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年03月23日

梅の名句

心に浮かぶ歌・句・そして詩102
 高崎市榛名地区は、梅の花が山の斜面や畑地に咲き誇っている。開花してから最盛期は過ぎているが、馥郁(ふくいく)として梅の香が漂ってくる。太宰府を訪ね、梅と菅原道真に影響されて、梅の名句はないかと、インターネットで調べてみると、次の句が目にとまった。
梅が香にのっと日の出る山路かな   芭蕉
今日来ずば明日は散りなむ梅の花   良寛
そのままに君紅梅の下に立て     虚子
勇気こそ地の塩なれや梅真白     草田男
白梅や過去世の光箒星        優海
こう書き終えると嘘になる。優海は、私の俳号。巨匠の句と並べてみたかったのであるが、そういうウメー話にはならない。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
梅の名句
    コメント(0)