☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年04月24日

 絵本『ハグくまさん』

『ハグくまさん』 ニコラス・オールドランド作 落合恵子訳 1470円
 
 友人に大変童話に関心がある人がいて、良い絵本でもあったら紹介してほしいと頼んでいたところ、漸く一冊ご紹介いただいた。それがこの本である。
「なに?なんで熊が木を抱くの。その前に樵も抱いているぞ。そりゃーびっくりするよ」
このくま君少し変だよね。と思ったが、くまの親子が抱き合っている映像をよく見かける。すべてあの精神でやってる。自然界にあるもの全てが愛しいと思えるこのくま君、仏教の唯識では9識以上にランクされるだろう。
我が家に、「くれちゃん」という雌猫がいる。雪の降る年の暮れに家のベランダいるところをストーブを炊いて食事している娘の目にとまった。父親は冷たく追い返したが、翌日も顔を覗かせた。娘の温情に負けて、次の日から我が家の居住権を得た。ガリガリに痩せていた。あれから、6年すっかりふくよかになっている。年の暮れに家に住みついたので、「くれちゃん」となったのである。その猫を、冷たく追い出そうとした父親が、渾身をこめて猫を抱き締めることがある。「ハグ父さん」のこの行為に、猫は迷惑そうだが、愛しさをこめて抱くと、猫も悪い気持ちはなさそうに見える。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
 絵本『ハグくまさん』
    コメント(0)