☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年05月24日

『福祉を廻る識者の声』4(柚木崎次郎)

あたりまえのこと              柚木崎次郎
 昨年の敬老の日の直後、行政管理庁から「老人対策に関する行政監察」結果が発表されました。その時、大変気になったのは、特別養護老人ホームで、深夜おむつを替えていない施設が五二.八%、午後五時以前に夕食時間を決めていたのが、四〇%という数字です。
 「夜中に、おむつが濡れて気持ちが悪い」「普通の夕食時間に食べたい」このごく当然なことが、老人福祉法が施行されて二十年も経つというのに、特別養護老人ホームの約半分が行っていないという現実です。
 ごくあたりまえのことが約半数の施設で、何故できないのでしょうか。「入居者の立場」に立つと、あたりまえのことが、「職員の立場」に立つと、あたりまえでなくなるのです。
 「大変だから」「帰りが遅くなるから」という理由で見過ごしてきたのではないでしょうか。これでは、タテマエでは「老人中心主義」と言っているけれど、ホンネは「職員中心主義」と言われても、仕方がないでしょうか。
 「夜中におむつが濡れて安眠できるでしょうか」「夕食を、いつも早めに食べることに、人間としての憩いはあるのでしょうか」。
 「福祉」とは、何も特別なことをやることではありません。普通の人間として、ごくあたりまえのことをするだけなのです。
 「福祉」は、「他人の痛み」を「自分の痛み」として、受けとめることから出発するのです。
 聖書の中の一句に「神は細部に宿りたもう」という言葉があります。
 私流に解釈すれば、老人のお世話には、「老人の心の襞(ひだ)にふれるキメのこまかさこそ大切」と、示唆しているのではないでしょうか。
 


柚木崎次郎(ゆきさきじろう)。茨城県、特別養護老人ホーム西山苑施設長。(昭和五十八年・冬号)


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『福祉を廻る識者の声』4(柚木崎次郎)
    コメント(0)