☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2013年12月28日

中山克己さんを偲ぶ

中山克己さんを偲ぶ
年の瀬に中山克己さんが亡くなった。84歳だった。男子の平均年齢を超え長寿だったが、職場の人に教えられ突然の訃報というに近かった。中山さんとは、25年以上前からのお付き合いで、群馬銀行の外郭団体である群馬経済研究所に勤務されている時に、現在私が勤める法人の創設者の自叙伝の執筆をお願いしたのがご縁になった。その後、法人の30年史編集の顧問なっていただいた。昭和63年のことである。
中山さんは、誠実でマメな人柄で、人好きだった印象が残っている。銀行員にしては、珍しく(これは、言い過ぎですが)文才があった。ご自身も随想を書かれて著書を贈呈していただいたことがあった。私も旅日記と称して数冊の紀行文の小冊子をさし上げたことがあったが、そのたびに丁重なお手紙をいただいた。
おつきあいした当時は知らなかったのだが、俳人でもあった。この点は、共通の趣味といえるが、中山さんは「群青」という句会に所属し、本格的なものだった。数年前の夏、群馬町の県立土屋文明文学記念館でお会いしたのが最後になった。その時、『群馬の俳人 私の風景 1999 写真・久保田淳子』あさを社 という本を署名入りでいただいた。群馬県下の俳人が句を寄せている。中山さんも写真付きで載っていたが、次のページには奥様の句も載っている。夫婦して俳人だったことは、驚きであった。おしどり夫婦というのは中山ご夫妻のような夫婦を指すのだろう。
一句ご紹介したい。
「ふり仮名の如く妻添い初観音」
ご冥福をお祈りします。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
中山克己さんを偲ぶ
    コメント(0)