☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年01月21日

心に浮かぶ歌・句・そして詩126

花―已むを得ずして発するもの
「已むを得ざるに薄(せま)りて、而(しか)る後に諸(これ)を外に発する者は花なり」

儒者らしい花の観察眼である。花は切り花にもなるが、咲いている時が美しいと誰もが思う。「今が花だ」という時は、最盛期を指している。しかし、花は、やむを得ず咲くのだという。蕾のままではいられない。
「秘すれば花なり」という有名な世阿弥の言葉も想起させる。花は美しいが、何か秘められた習性があるから美しいと感じるのかも知れない。
佐藤一斎『言志録』92より


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
「本居宣長記念館」
関口コオの切り絵
小川芋銭の掛け軸
『ギリシア人の物語』Ⅱ 塩野七生著 新潮社 3000円(税別)
青春18きっぷの効用
映画「聖(さとし)の青春」
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 青春詩 (2017-04-19 13:01)
 「本居宣長記念館」 (2017-04-08 12:29)
 関口コオの切り絵 (2017-03-14 16:57)
 小川芋銭の掛け軸 (2017-03-11 11:15)
 恩師の死 (2017-02-25 11:55)
 『ギリシア人の物語』Ⅱ 塩野七生著 新潮社 3000円(税別) (2017-02-21 17:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
心に浮かぶ歌・句・そして詩126
    コメント(0)