☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年02月13日

2.12

 9.11(同時多発テロ事件)、3.11(東日本大震災)という言い方が固有名詞になっている。私にとっては、2.12という忘れない思い出の日がある。37年前、昭和52年2月12日の午後のことである。
 著名な数学者であった岡潔先生の自宅を訪問し、直接話しを聞くことができた。コンタクトを取ったのは大学時代のクラブの後輩で、3人で訪ねたのである。私が先生の正面で話をきくことになった。約1時間に及ぶ話の内容はほとんど覚えていないが、真剣に語るその姿は、今も鮮烈な情景として残っている。
 岡潔先生は、翌年他界されたが、お会いした日の印象は消えず、先生に惹かれた人達の集い「春雨忌」に参加し、交友を深めている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2.12
    コメント(0)