☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年02月27日

大雪による農業用ハウスの倒壊

 
 関東地方では、50センチを超える雪で、農業用のハウスが倒壊し、大きな被害を出している。想定外の積雪と、天気予報を楽観視したこともあるが、倒壊を防ぐことは難しかったと思う。個人的な記憶であるが、50年近く前、家が農家でハウスのキュウリ栽培をしていた。大雪が降った年があった。50センチは降らなかったが、父親に連れられてビニールハウスの雪落としをしたことがあった。夜中過ぎまで付き合わされた覚えがある。翌朝見るとハウスは無事だったが、今回はその時以上の雪である。
 政府は、緊急対策としてハウス再建のために補助金を考えているようだが、農業経営者の高齢化が進み、後継者のいない農家では、縮小か廃業を考えざるを得ないと言っている。一時的に野菜が高騰するというような短期的な問題ではない。TPPもあり、農業経営者は試練の時を迎えている。
 ハウス内の作物(子供)は駄目になるが、母体(ハウス)を守るために、ビニールを割いて雪を落とすというような判断した農家はなかったか。手塩に掛けた農作物を放棄することは辛いけれども、ハウスの再建には多額の費用がかかることを考えると。梅林の梅の枝が何本か折れた梅農家とは比べ物にならない被害である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)
 高齢者青春18切符活用(2) (2018-01-09 11:24)
 高齢者の青春18切符の活用 (2017-12-26 11:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大雪による農業用ハウスの倒壊
    コメント(0)