☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年02月28日

本日発売!

『日本語誕生の時代―上野三碑からのアプローチ』熊倉浩靖著 雄山閣
                2,750円+税


 著者は、群馬県立女子大学教授で群馬学センター副センター長である。『古代東国の王者―上毛野氏の研究―』以来の専門書。古代の上州を中心とした研究は、著者のライフワークのようになっている。歴史を表層的にしか知らない門外漢にとっては、難解な内容であるがその考察には、根拠がある。彼の住んでいる高崎市山名の近くに、古碑が3基あり、「山ノ上碑」、「多胡碑」、「金井沢碑」がそれである。
 明治になって、最初の県令になった楫取素彦は、教育、歴史、文化を県政の基本に置き、これらの碑を保存する重要性を認めた人であることも書かれている。吉田松陰の親友で妻二人は、共に松蔭の妹である。来年の大河ドラマは、彼女らを主人公にしている。
 国家が成立するためには、国語の存在が大きい。本のタイトルでわかるように日本語の誕生に視点を置いている。多くの日本人が万葉集や古事記を古典にして古代を考えるのが普通であるが古代の碑文を分析し、その時代に生きた人々もからませながらその実態を解き明かそうとする試みは、大変な作業に思われる。本を贈呈されたお礼の葉書に、「ビックバンを知るために物理学者が素粒子を調べるようなものだね」と書いた。
 2月28日が販売日だから、消費税が8パーセントのうちに購入することをお薦めしたい。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本日発売!
    コメント(0)