☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月12日

3・11を考える(4)

 中越地震があったのは、それほど前のことではない。内陸において被害があった。山が崩れ、田畑にも崩れた所があり、地場産業であった錦鯉の養殖にも影響があった。江戸時代、良寛さんが生きていた頃にも大きな地震があったようだ。その時に残した良寛さんの言葉が残っている。


『災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には死ぬがよく候。
是はこれ災難をのがるる妙法にて候。かしこ 』
 ここだけ抜き出してみると、現代なら非難轟々、ましてや政治家の発言なら、マスコミに叩かれ大問題になる。
良寛さんの真意はこうである。人為的ではない自然災害にあって生き残っただけでも幸運なことである。今は、辛いがこれからしっかり生きましょう。そういうことでは、ないかと思う。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3・11を考える(4)
    コメント(0)