☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月18日

『良寛さま』 相馬御風著 考古堂書店 税込500円



昭和5年に相馬御風が出版した本の復刻版。ワンコイン(500円)で、小学生が買い求めやすい値段になっている。内容も平易で子供でも理解しやすく書かれている。ところどころに挿絵がカラーで入っていて楽しく読める。良寛さんの人柄を伝える数々のエピソードが載っている。
相馬御風の暮らした家は、新潟県の糸魚川市にある。県の史跡とし今も保存されている。相馬御風は、早稲田大学に進学し、坪内逍遥や島村抱月の薫陶を受け、詩人、歌人、翻訳家、評論家として将来を嘱望されていたが。33歳の時帰郷し、良寛の研究や、執筆活動をしながら、地方で人生の大半を生きた。
平成27年の春には、北陸新幹線の長野金沢間が開通する。糸魚川にも駅ができる。相馬御風は、魅力的な人物に写ってきた。実際に生誕の地を訪ね、相馬御風の人のなりに触れてみたいと思っている。この本を読んで、1年後の「春よ来い」という気分になった。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『良寛さま』 相馬御風著 考古堂書店 税込500円
    コメント(0)