☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月19日

良寛さんにまつわる話(1)「銭拾い」

 「銭拾い」
 良寛さんは、働いてお金を得る人ではなかったから、お金に執着することはなかった。けれども、お金が品物に代ることは知っていた。お酒も嫌いな方ではなかったから、お金を持って酒屋に行くこともあった。
 村人が良寛さんに、お金を拾う楽しさを話したところ、正直な良寛さんは、何度もお金を道に落として拾ってみたが少しも楽しくならない。ところが、お金が草むらに落ちて見つからなくなって、長い時間捜したあげくに見つかった時に、村人の言う喜びを感じたというのである。ただそれだけのあどけない話である。


 関東では、歴史的な大雪が降り除雪が大変であった。ある職場の駐車場の除雪は、手作業になり、建物の北側にうず高く積まれ1カ月も溶けず放置されていた。その除雪に協力した職員が、作業中に大事なライターを落とし、行方不明になっていた。雪の塊りを何度も崩してみたが見当たらない。同僚が、穴を掘ってかまくらを作ったが、その掘り出した雪の中に発見できず、雪解けでかまくらが崩壊し、その穴の中から発見された。
 実は、掘り出した雪の中にあったのかもしれないが、屋根が溶けたために下に落ちたと考えられる。同僚は、遊び心で穴を掘ったのではなくライターを亡くした人のことを考えていたとすれば、なんとも言えない心づかいである。かまくらの底に落ちたので、自動車に踏みつけられることもなかったのである。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
良寛さんにまつわる話(1)「銭拾い」
    コメント(0)