☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月22日

大雪の爪痕



3月20日、久しぶりにゴルフをした。群馬県でも西毛地区にあるゴルフ場で、残雪はコースにはないが、多くの木々の枝が折れている。名物の松などは、大きな枝が折れている。冬の間、兼六園の松が雪の重みで折れないように雪吊をしている意味が良く分かった。
松の根は、岩を砕いて根を張る逞しさがあるが、大雪には弱い。松くい虫によって枯れることもある。杉の木が雪で折れにくいのは、豪雪地帯でも適応する木だと言うことだろうか。秋田杉は有名だが、豪雪地帯である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大雪の爪痕
    コメント(0)