☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月27日

良寛さんにまつわる話(5)「殿さまのお使い」

良寛さんを高僧として認める殿さまがいた。長岡藩主の牧野忠精(ただはる)である。幕府の老中を務めた英君だったが、良寛さんを城に近い寺の住職になってほしいと思い、家老を五合庵に使わせたが、次の句に思いを込めて辞退した。
焚くほどに風がもてくる落葉かな
良寛さんに地位や報酬に関心はなかった。学問は、立身栄達の手段とは微塵も考えたことがなかった。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
良寛さんにまつわる話(5)「殿さまのお使い」
    コメント(0)