☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月28日

良寛さんにまつわる話(6)「いたずらがき」

 相馬御風『良寛さま』に書かれているエピソードを拾って紹介したい。皆有名なものばかりで、いまさらという感じがすると思うが。タイトルはそのまま借用する。
 良寛さんが日頃お付き合いのある村の金持ちが、当時日本一の画家と言われた円山応挙の絵を百両で買った。良寛さんは、無性にその絵が見たくなり、その金持ちに頼み込んで絵を見させてもらうことができた。
 絵に見入っている内になんともいい気分になり、その絵の上のあいたところに、自分の好きな文句をかいてしまった。我に返った良寛さんは、「これは大変なことをしてしまった」と家に逃げ帰ってしまう。もちろん絵の所有者は、憤慨したが、良寛さんだから許してあげようということになった。自画自賛ではなく、自画他賛ということになった。今日になっては、大変な家宝になっている。当代一流の画家と書家のコラボレーションになった。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
良寛さんにまつわる話(6)「いたずらがき」
    コメント(0)