☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年03月30日

日本でいちばん大切にしたい会社』 坂本光司著 あさ出版 1400円+税



  著者は、法政大学大学院教授。友人である静岡大学教授に紹介されて買って読んでみた。坂本教授とは面識があって共感するところがあるのだろう。
 坂本教授は、全国の会社を取材して、その中から「日本でいちばん大切にしたい会社」を紹介している。この本では5社が載っている。その中に伊那食品工業があったのには驚いた。40年以上も増収増益を続けた会社で寒天製造をしている会社である。創業者の書いた『年輪経営』を読んでいたく感動したことがある。
 他社4社はどんな会社かと言うと、日本理化学工業。従業員の7割が障害者を雇用している会社。チョークを作っている。中村ブレイス。義肢装具の会社。石見銀山に近いが、会社は過疎地にある。柳月。北海道十勝にあるお菓子の会社。杉山フルーツ。静岡富士市にあって果物を販売している。
 それぞれの会社に物語がある。社会に共存し、職員が楽しく働き、経営が長続きしている。儲け主義ではない。不断の経営努力もあるが、職員を大事にして良い商品を生みだしている。会社は、社会の公器であることが実感できる会社である。読んでいると目がしら熱くなる個所も多い。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本でいちばん大切にしたい会社』 坂本光司著 あさ出版 1400円+税
    コメント(0)