☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年04月17日

現代の庵

幼い頃、祖母が生きていて、同じ敷地に隠居部屋と称して別棟があった。食事だけは一緒にしたが、普段は一人静かに暮らしていた。時たま、近所の友達に会いに行く時、同行することがあった。幼稚園に行く前のことだから、ほのかな記憶しか残っていない。
たまたま、今も農家で農地を所有しており、農地の転用さえ農業委員会で許されれば、宅地にして、母屋の隣に庵を建てる空間がある。読書と物書きが趣味だから、簡素な一軒家に住もうかと考えている。庵みたいな空間に住みたいと若い時から考えていたようで、友人から「あなたは、昔から庵みたいなところに住みたいと言っていた」という証言もある。数年間だが、借家住まいで、家が狭かった時、書籍は知人の所有の別荘に預かってもらい、その一室を借りていたことがあった。
さて、どんな庵風別棟が良いか。資金に限りがあるので大枠を考えて見た。
坪数   20坪以下
部屋数  寝室(ベットとパソコンが置ける空間があれば、テレビはなくても良い。なるべく近くにトイレがあり、浴室はシャワー室で良い)
居間とキッチン(洋間、書籍も置き10畳位の広さがほしい。窓はなるべく広くとり、通風と採光を大事にしたい)
客間(和室で床の間はほしい。押し入れは収納のために必要。6畳間)
廊下(なるべく少なくする)
  これで20坪に収まるのか自信がない。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
現代の庵
    コメント(0)