☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年04月18日

志賀直哉邸



奈良市の高畑町に志賀直哉の旧居が残っている。その旧居の通りの反対側に、みかさ荘という古風な旅館があって、ここ数年、数学者岡潔を偲ぶ会「春雨忌」の宴会場になっている。毎年、家の前を通るが入館して見学することはないが、志賀邸は、女子大のセミナーハウスになっていて、いろいろな催しが開かれているようだ。
土塀に囲まれているが、2階の部分が見える。和風建築に見えるが、内部には洋風の部屋もあるようだ。敷地は435坪もあり、建物も134坪ある。昭和4年に建築され、10年近く家族とともに住み、名作『暗夜行路』もこの家で執筆された。多くの文人もこの家に集い、サロンにもなった。
2階からは、若草山や春日山が見え、奈良が好きだった志賀直哉にとっては、安住の地だったに違いない。志賀直哉というと東京にはあまり住まず地方を転々として暮らしていたという印象がある。ちなみに、三笠山というのは、若草山、春日山あたりの山の総称でその中に御笠山という小山がある。地元の人は花山と呼んでいる。
平面図を見たら、広さといい、部屋の内容といい庶民の家ではない。プロレタリア作家の小林多喜二も志賀邸を訪れたようだが、ビックリしたに違いない。毎日、一流の老舗旅館に滞在している気分になるだろうが、ここまでは望むべきもない。



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
志賀直哉邸
    コメント(0)