☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年04月25日

乗りやすい馬を選べ、遠乗りにはそれがよい

 株式のことはこれくらいにしたい。所詮資産の運用の一つだと言うことである。どんな株が儲かるかなど確実に言える人はいない。株式投資をする時の姿勢として、この格言は納得できるものがある。基本は、長期保有でいきたい。「乗りやすい馬」とは自分が選ぶ銘柄のことだと考えれば良い。
少額投資非課税制度(NISA)は、その内容を見ると「乗りやすい馬」を購入することを促しているように見える。5年も10年も同じ馬に乗るというのも難しいと思うが、体重(株価)が減らず働き者(配当)が良い。年金生活者ならば、配当が高く、長続きするのが良い。取得株価よりも下がっても、配当がそれを埋めていれば長期保有ができる。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
乗りやすい馬を選べ、遠乗りにはそれがよい
    コメント(0)