☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年05月15日

心に浮かぶ歌・句・そして詩154

これ常道

晴れたる日あり
あらし吹く日あり
人生もとより無常
転変順逆
これ常道
憂うるの要なく
恐れるの要なし

赤誠一貫
天命に従う

後藤静香『権威』より
これほど悟った心境にはなれないが、「人生もとより無常」だとは、実感する。積極的無常観を進めた識者がいたが、痛く同感した。万物は変化してやまないとすれば、それに逆らわない生き方が楽かもしれない。ただ、人生には万人違った役割があり、自分のテーマはいつでも意識したい。使命などという高尚なものでなくても良いから。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩154
    コメント(0)