☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年05月28日

第84回企画展「文豪 田山花袋」




4月19日(土)から県立土屋文明記念文学館で、上記企画展が開催されている。田山花袋は郷土の文豪というだけで、小説は遠い昔『田舎教師』を読んだ記憶があるが、将来教師だけにはなるまいと思ったくらいだから、陰鬱な気分になった読後感しか残っていない。島崎藤村や柳田国男、国木田独歩などと交友があり、自然主義文学の旗手となった時代があった。しかしながら、私小説と呼ばれ、後世の文学評論家から批判を受けていることも事実である。島崎藤村の『春』が文庫本として置かれていたが、私小説である。
小説の手法には関心がなかったが、文豪田山花袋はどんな文章を書いたのかに興味があったので『東京震災記』を購入した。花袋は、文学者であり新聞記者ではないから、どのように大震災をスケッチしたか。その読書感は、後日書いてみたい。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第84回企画展「文豪 田山花袋」
    コメント(0)