☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年06月05日

梅の出荷




梅の産地と言えば、和歌山県である。全国ダントツの生産量を誇っている。南高梅という品種は、漬け梅に適していて、高価で売られている。南高(なんこう)という名前の由来は知らないが、楠公を彷彿させる響きがある。千早城は、和歌山県境に近い。
群馬県も梅の産地で、関東甲信越では、生産量は多い。ただし、和歌山県の十分の一に過ぎない。和歌山県の出荷が早いから、近年値崩れすることが多く価格競争で苦戦を強いられている。こちらは、白加賀という品種が多く、梅酒に適している。一時健康ブームに乗り、青いダイヤと言われた時期もあった。一キロ700円で市場で取引されたのは、遠い過去になってしまった。
今、梅の出荷の最盛期になっている。空が明るくなり始まる5時頃から、手でもいで、選果して出荷する。消費者の嗜好で、キズものは選外になる。ジュースなど加工用になるが、価格は格段と低くなる。成分は同じ事を考えるともったいない話である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
梅の出荷
    コメント(0)