☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年06月13日

心に浮かぶ歌・句・そして詩161

見えねど美し

朝ぎりのなかに
馬子うたきこゆ
むすめ見えねど美し

紺がすり 赤だすき
白い菅がさ 稲田にそろう
顔は見えねど美し

銀河のほとり相思の人
七夕さまは
見えねど美し

後藤静香『権威』より

馬に乗って花嫁が嫁ぐ風景、大ぜいして田植をする風景は、すっかり見られなくなったが、日本の田舎の懐かしい風景である。「銀河のほとり相思の人」とは彦星と織姫のこと。「見えねど美し」、良い言葉である。金子みすずの詩が思い浮かぶ。
青いお空のそこふかく
         海の小石のそのように
         夜がくるまでしずんでる
         昼のお星はめにみえぬ
         
     見えぬけれどもあるんだよ
     見えぬものでもあるんだよ

         ちってすがれたたんぽぽの
         かわらのすきにだァまって
         春のくるまでかくれてる
         つよいその根はめにみえぬ
    
       見えぬけれどもあるんだよ
       見えぬものでもあるんだよ
「星とたんぽぽ」という詩である。「見えぬけれどもあるんだよ」もまた良い感性。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩161
    コメント(0)