☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年06月27日

『藤村詩抄』島崎藤村著 岩波文庫 648円




詩人、島崎藤村の世界にも触れておきたい。藤村の詩集は、青年期の短期間に泉のように湧き出たという感じがする。25歳の頃、日清戦争の直後の時代である。明治学院、東北学院を辞し、小諸へ教師として赴任する前である。父親の狂死、友人北村透谷の自殺、教え子との恋愛、そして病死。若くして、人生の無常観を意識したことは、容易に想像できる。芭蕉や西行に惹かれ、長い一人旅も経験している。千曲川旅情の歌に出てくる遊子(旅人)はまさに藤村自身である。
『若菜集』、『一葉舟』、『夏草』、『落梅集』の中から、藤村自身が詩を選び、昭和の初期に出版したのがこの詩集である。美しい言葉と哀調のメロディーに包まれた詩が多い。旧制高校の学生たちは、心躍るように藤村の詩を読んだのだろう。明治後期から大正生まれの人は少なくなっているが、青年期に出会った藤村の詩は、彼らをロマンチックな世界に誘ったであろう。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『藤村詩抄』島崎藤村著 岩波文庫 648円
    コメント(0)