☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年07月09日

パティオ

中庭の意味でスペイン語である。昔、学生時代を京都で過ごし、典型的な町屋造りの家に下宿した。1年余りで引っ越ししたが、貴重な経験をした。家の中央にある4畳半くらいの部屋で、採光は間接的だった。玄関から土間が中庭まで続き、見下ろすと大家さんが一階にある居間を出這入りするのが見えた。人間が住むのには全く不向きな部屋だった。友人は奥の広い8畳間に下宿し、外に接しているので明るく、下には中庭があった。日本庭園でなかなか良い庭であった。
高崎の音楽センターを設計した、レーモンドの事務所は、ほぼそのまま井上房一郎が自宅に取り入れられて、現在高崎哲学堂の建物として残されているが、パテイオがある。レーモンドは休憩や食事の場所として使っていたという。パティオのある家も良い。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
パティオ
    コメント(0)