☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年07月11日

居間と書斎の兼用

読書などは、書斎などという改まった空間でなくてもできる。作家でもないのだから、身近に溢れるような書物を置いておかなくても良い。現代風な庵を考えた時、改めて書斎という空間は必要ないと思えてきた。壁側に書棚を置き、隅に机を置けば、充分な書斎となる。一画に台所と食卓があっても気にならない。一人でいることが多いのだから。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
『高浜虚子句集』より(浮葉)
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『高浜虚子句集』より(浮葉) (2021-03-26 07:07)
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
居間と書斎の兼用
    コメント(0)