☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年07月16日

『ふたつの故宮博物院』野嶋剛著 新潮選書 1296円(税込)




台北故宮博物院展の後、会場の売り場でこの本を購入。著者は、台湾に詳しい新聞記者である。台北故宮博物院の政治的背景がよくわかる。日本での開催まで、司馬遼太郎や平山郁夫が貢献したことも書いてある。国立博物館には、パスポートで入れるので、著書と葉書を土産に買うのが習慣になっている。
現代の中国、特に大陸の中国は、政治形態からして親近感はわかないが、2度中国に渡り、友人もいる。中国の歴史は長く、その文化も評価している。中国の友人が、大きな声では言えないが、この国(中華人民共和国)は覇権主義だと言っていたのを印象的に覚えている。北京ダックを食べた最後の夜だったこともあり、尚更記憶に残っている。
皇帝の時代、富も文化も権力に集中する。この国のスケールは大きい。中華思想というのも独特である。金銀財宝という品々ではないが、故宮博物院に置かれている名品は、中国人の誇りであることには違いない。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『ふたつの故宮博物院』野嶋剛著 新潮選書 1296円(税込)
    コメント(0)