☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年08月12日

『トラ・トラ・トラ』

終戦記念日が近づいている、8月9日、BS―TBSで『トラ・トラ・トラ』が放送された。日米合作の映画だが、上映されたのは1970年だという。高校生だったから、映画館では見ていない。テレビで何度も放送されているから、それを見たのだろうと思う。映画や戦記ものに関心が強い、友人が近所に住んでいて、しかもBSが見られないことを知っていたので、お誘いした。彼は、『トラ・トラ・トラ』の本を持参した。著者は、アメリカ人である。原作があったことも知らなかった。
映画に登場する人物は、鬼籍に入った人が多く懐かしい顔ぶれである。戦闘場面は、迫力があり、40年以上前に良くこんな映像が撮れたと感心した。アメリカの映画会社の資金力があったからであろう。それは、ともあれ、著者のまえがきには、「日本とアメリカがふたたび戦火を交えることがないように・・・・」と書かれている。著者は、ゴードン・W・プランゲという元海軍少佐である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『トラ・トラ・トラ』
    コメント(0)