☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年08月14日

『日本に今一番必要な男黒田官兵衛』原口泉著



『日本に今一番必要な男黒田官兵衛』原口泉著 幻冬社 1000円+税
鹿児島県に住む、FBの友人でもある古瀬徹さんが紹介してくれた本である。著者も鹿児島に住み、二人は交流がある。現在、鹿児島県立図書館の館長である。本を手にして、この方の本を読んだことを思い出した。『龍馬を超えた男小松帯刀』である。大河ドラマ『龍馬伝』の年に読んだのだろう。今回も『軍師黒田官兵衛』の大河ドラマが放送されていることと無関係ではない。著者は、大河ドラマと縁が深く、時代考証でいくつかの作品に関与したことがあるらしい。『篤姫』がそうである。薩摩藩のお姫様だから、鹿児島県在住の著者には思い入れが強い。戦国大名の中で、島津義久を個人的に取り上げてほしいと著者は考えている。大河ドラマになる前に、原口氏の執筆で島津義久を紹介してほしい。
この本で描かれる黒田官兵衛は、大筋既に出版されている黒田官兵衛像に重なっているが、タイトルの〝日本に今一番必要な男〟というところが、著者の視点になっている。それは、黒田官兵衛が「知」の人だけでなく「情」の人でもあったという点であり、そのバランスこそ今の日本人に求められるということ。もう一つの視点は、情報の収集と分析の能力である。そして、新たな発見は、領民を大切にした事実である。「神や主君の罰よりも臣下・百姓の罰を恐れよ」である。黒田官兵衛は、クリスチャンになったことがある。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『日本に今一番必要な男黒田官兵衛』原口泉著
    コメント(0)