☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年09月06日

往年の名テニスプレイヤー清水善造




錦織選手が、全米オープンテニスで準決勝に進んだ。これは、96年ぶりの快挙だと伝えられている。女子では、今も、40代で現役を続けている、伊達公子さんが準決勝まで進んでいるが、男子テニスでは久しくなかった出来事なので日本中が湧いている。次の対戦に勝てば決勝進出となり、日本人初めてということになる。錦織選手は、24歳で、体力も技術もあり優勝も夢ではない。
往年のテニスプレイヤーに清水善造がいる。群馬郡箕郷町(現在は高崎市)生まれで、高崎中学(現在の高崎高校)から東京商業高等学校(現在の一橋大学)に進んだ人である。教科書にも紹介されている美談がある。ウィンブルドンの大会でアメリカのチルデンと対戦した時、チルデンが転ぶとわざと緩い球を返したという話である。清水善造も世界ランキング4位になったこともある強豪だったが、加えて温厚な紳士だったと伝えられている。母校の先輩にこのような立派な人物がいることは誇りにできる。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
往年の名テニスプレイヤー清水善造
    コメント(0)