☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年09月29日

心に浮かぶ歌・句・そして詩161





相田みつをの詩
もう随分と昔、この人の講演を高崎市のホテルで聴いたことがある。ホワイトボードに文字を書きながらの講演で、聴衆はそれほど多くなかった記憶がある。言葉を大事にする人だなあと思った。栃木県の足利市の出身だから、方言も群馬県に近い。このあたりでは、「来ない」ということを「きない」という。そんな言葉を使った詩もある。書家だというが、文字は子供のような字で言葉も短い。でも詩になっている。難しいことを簡単な言葉で言う。だから深さがある。俳句にも似ている。それも、山頭火のような自由律の句の感じがする。苦労人なのであろう。「にんげんだもの」は、多くの人の心を捉えている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩161
    コメント(0)