☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年09月30日

心に浮かぶ歌・句・そして詩162


星野富広の詩
群馬大学を卒業して教員になった星野富広は、鉄棒から落ちて、首から下の自由を奪われた。長い入院生活の後、キリスト教に入信し、口に筆を加えて絵を描き、詩を添え、多くに人々に感動を与えた。最初は、母親が彼の世話をしていたが、伴侶を得た。郷土には富弘美術館が開館し、今は名誉県民になっている。既に還暦も過ぎている。体の不自由な人でなければ、言えない詩がたくさんあるが次の詩は、キリスト教の影響もあるだろうが、星野富弘を支え続けたであろうことは、想像に易い。
よろこびが集まったよりも
悲しみが集まった方が
しあわせに近いような気がする
強いものが集まったよりも
弱いものが集まった方が
真実に近いような気がする
しあわせが集まったよりも
ふしあわせが集まった方が
愛に近いような気がする


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩162
    コメント(0)