☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年10月30日

『銀の匙』 中勘助著 角川文庫

『銀の匙』 中勘助著 角川文庫


名前だけは聞いていたこの本を還暦が過ぎてから読んでいる。少年時代にこの本を読んで、おませな子供にはわからない、うぶな子どもの傷心を癒してもらった人も多いのだろう。岩波文庫で多く読み継がれている本のひとつだという。
中勘助は、東京帝国大学の国文科を卒業している。一高、帝大時代に夏目漱石の授業を受けている。この小説とも、体験記、回想記とも言える『銀の匙』は、夏目漱石の推薦で朝日新聞に載り、世に知られるようになったのである。長塚節『土』も同様である。漱石は、文豪ではあるが、無名の作家に対する評価ができる人物だった。
中勘助の幼年、少年時代は、明治20年代である。当時の東京の暮らしや、田舎の自然も混在している様子が想像されて、興味深い。甘えん坊で、自閉的な少年だが、大人の世界に縛られない思い出が、独得の文章で描かれている。アニミズムの世界も感じられるし、「童心の季節」のような物語になっている。中勘助の世界を書きたいと思っている数学者がいる。この本も、彼から紹介されたのである。彼は、10代でこの本に出会った。中勘助と感性が合うのだろう。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(凩)
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(凩) (2021-04-19 07:36)
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『銀の匙』 中勘助著 角川文庫
    コメント(0)