☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年11月03日

『贈られた眼の記録』 曽野綾子著 朝日文庫


11月3日の文化の日、長く務める職場では地域の人達とのふれあいを求めて、お祭りを開催している。古本市のコーナーがあって、いつも店主の役がまわってくる。今年は、自分の蔵書で処分するものを選んで寄贈することにした。学生時代のもの、古い物は処分しようというくらいのつもりだったので、古本市に本を並べている時に、この本も出て来た。なんと、曽野綾子さんのサインがはいっているではないか。寄贈するのはやめて、読むことにした。
この本をいただいた時、曽野綾子さんは、50を少し越えた年齢だったと思う。私の務める施設に入居されている、ご主人三浦朱門さんのお母様の面会においでになった時に、持参された本にサインをしてくださったのである。毎週のように、作家活動で多忙だったと思うが、訪問され、職員とも気軽におしゃべりする姿に、親近感を持った。
曽野綾子さんが、白内障の手術をしたのは、40代後半だった。作家にとって視覚を失うことは、極めて深刻な事態である。音楽家が聴覚を失うことに似ている。本のタイトルでもわかるように、手術の成功によって、近眼も治ったという結果に感謝して、「贈られた眼」と表現している。カソリックの信者であることも無関係ではないが、危機に対して前向きに考えるというより、身をゆだねている。その背景には、夫や友人の支えがあり、特に朱門さんや、若い時からの友人である金沢の人との、ウイットに溢れる問答が面白い。この本を読んで、曽野綾子さんという人は、自立した女性で、しかも逞しいと思った。最近、テレビ番組で拝見したが、安倍首相の女性閣僚登用に反対意見を述べていたが、曽野綾子さんらしいと思った。その後、二人の女性閣僚が辞任した。曽野さんの「眼力」である。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『贈られた眼の記録』 曽野綾子著 朝日文庫
    コメント(0)